• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京スクール・オブ・ビジネス
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 湖中 孝希さん(スポーツビジネス学科/スポーツメーカー・スポーツ用品販売・スポーツショップ副店長)

社会人チームに入って、今も野球を続けています

先輩の仕事紹介

使っていただくお客様の顔を思い浮かべながら、修理や調整作業をしています

スポーツメーカー・スポーツ用品販売・スポーツショップ副店長
スポーツビジネス学科/2013年3月卒
湖中 孝希さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

野球関連グッズを販売するミズノの店舗で、副店長を務めています。仕事は接客が中心ですが、グラブなどの修理や調整を行うこともあります。在籍している高島平店舗には、幅広い年齢層のお客様がいらっしゃいます。地域に少年野球や社会人野球チームがたくさんあるので、常連さんも多いんです。そうした方々にミズノの製品のよさが伝わり、大切に使っていただいている様子がわかると、本当に嬉しく思います。また、近くには高島平団地があってご年配の方が多く住んでいるのですが、健康のためにウォーキングシューズをお買い求めいただき、「楽しくウォーキングを続けているよ」などと声をかけていただくこともあるんですよ。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生時代から野球を続けていました。野球用品も大好きで、ミズノの商品の大ファンだったんです。将来は野球用品に関わる仕事がしたいと思い、専門学校を探していたところ、TSBを知りました。何度かオープンキャンパスに参加して入学を決意。当時は上京するたびにミズノの店舗に通っていたのですが、あるとき有名な野球選手のグラブを担当する職人さんのイベントがあって、その技を真近で見たり、話を伺ったりして大感激しました。ミズノ本社への入社は大卒でなければなかなか難しいという話を聞いたのですが、今こうしてミズノの店舗部門で自分が仕事をしているなんて、高校時代の自分からは想像できず、もう夢のようですね。

副店長として、スタッフの教育にも携わっています

学校で学んだこと・学生時代

個性豊かなクラスメイト、いつも親身になってくださる先生方に囲まれて本当に楽しい学生生活でした。先生には、住まい探しもお世話になるなど、親身にサポートしていただきました。授業では、スポーツトレーニングやスポーツ用品の企画・開発など、さまざまなことを学びましたが、興味のある分野なので授業はまったく苦にならず、知識が増えていくのがとにかく嬉しかったですね。学生で運営するサッカーイベントなどもあり、皆で協力しながら物事を進めていくスキルやリーダーシップも身に付きました。私と同じようにスポーツ関連の道に進んだ仲間が多いのですが、なかには別業種で起業した友人も。今も彼らとの交流は続いています。

メンテナンスや修理の仕事も増えてきました

湖中 孝希さん

ミズノアベール店舗販売部 東日本DS販売課 高島平店 副店長/スポーツビジネス学科/2013年3月卒/山梨県出身。専門学校卒業後は、スーパースポーツゼビオに入社し、1年半ほどスポーツ用品の販売を行った後、憧れだったミズノに転職。現在の高島平店は5年目。当面の目標は、キャリアアップして店長を務めることだが、製造分野にも興味を持っていると語る。「店舗ではオーダーグラブといって、パーツから選んでカスタマイズされたグラブを提案することがあるのですが、これがすごく楽しくて。将来的に企画や製造分野の仕事にも関わることができたらと思っています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京スクール・オブ・ビジネス(専修学校/東京)
RECRUIT