• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 専門学校 東京クールジャパン
  • 先生・教授一覧
  • 杉山 佳寿子先生(声優)

こんな先生・教授から学べます

声優としての感性を磨き、個性を引き出してくれる先生

声優
声優学科 
杉山 佳寿子先生
先生の取組み内容

私が担当している「演技演習」は、五感、集中力、持久力、信じる力を鍛える授業です。声優は自分とは異なるキャラクターを演じる仕事。だからこそ役になりきるためには、幅広い感覚と感性を養い、それを表現できる力が求められます。たとえば「美味しい」というセリフにも自分が経験した「美味しさの記憶」が活かされるのです。私の授業では、発声や演技そのものを学ぶというよりも、たくさんの経験をして、そのときの感情、感触などを五感を駆使して自分の中に蓄積し、いつでも引き出せるように準備しておくことの大切さを伝え続けています。「風」ひとつでも、さわやかな風、ビル風、地下鉄駅構内の風など数えきれないほどありますよね。授業だけでは感性は鍛えられません。日常にいかに興味を持って自分の中に取り入れていくかが大切なんです。

授業は、私自身がかつて受けた学びがヒントに。その楽しさをたくさんの後輩たちに伝えていきたいですね

授業・ゼミの雰囲気

入学前のガイダンスでしっかり授業内容の説明を受けてから授業に入るので、理解度も高まります

授業中、先生は「興味がないことにもどんどん挑戦して」と学生に声をかけます。次の授業に向けての課題は、「入浴したときの感覚」だったり「カップの中に飲み物を入れて持ったときの感覚」などさまざま。普段意識せずにやっていることをあえて深堀りして体感することをエクササイズのように取り入れ、感性・感情を鍛えます。「これらを面白がってできる学生は、グンと伸びます。与えられたセリフを上手に読むだけなら誰でもできます。自分の中で感情を生み出し、自分にしかできない表現をすることがプロの技なんです」(杉山先生)

教える経験も豊富な杉山先生。学生の個性を何気なく引き出してくれます。授業はいつも活気がいっぱい!

キミへのメッセージ

厳しい世界だけど、最初からあきらめないで、やりたいならチャレンジを!

入学までに身につけておいてほしいのは、基本的な国語力。台本が読めなければ前には進めません。また、声優に必要なのは変わった声やアニメ声ではなく普通の声。だから誰にだって可能性があるんです。

有名になってちやほやされたいから声優に!そんな動機だっていいんです。まずはやってみることが大事

杉山 佳寿子先生

専門:演技
略歴:青二プロダクション所属。日本を代表する声優として数多くの役を務めるほか、洋画の吹き替えやナレーターとしても活躍。代表作はアルプスの少女ハイジ「ハイジ」役、キテレツ大百科「コロ助」役など。2009年度声優アワード功労賞受賞。大阪芸術大学芸術学部放送学科教授。「声優は俳優と違って人だけでなく、動物や架空のキャラクター、モノにもなれます。魅力的でやりがいがある仕事ですよ」(杉山先生)。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 東京クールジャパン(専修学校/東京)
RECRUIT