• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京スポーツ・レクリエーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 庭野 綾さん(パーソナルトレーナー科/スポーツトレーナー)

お客様一人ひとりとの信頼関係を大切にしています

先輩の仕事紹介

パーソナルトレーニングを通して、ボディもココロも理想の自分に近づくサポートを!

スポーツトレーナー
スポーツトレーナー科 パーソナルトレーナー専攻(現・パーソナルトレーナー科)/2016年3月卒
庭野 綾さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

パーソナルトレーナーとして、お客様の理想のボディラインを作るための指導・サポートを行うことはもちろん、カウンセリングやトレーニング動画の撮影・編集など、幅広い業務を担当しています。トレーナーとして最も大切にしているのはお客様の気持ちに寄り添うこと。お客様とトレーナーが互いに信頼しあってこそ、一人ひとりのお客様に合わせたアドバイスができ、効果もアップするんです。お客様から学ばせていただくことも多く、それらがすべて自分の糧や人間力の向上にもつながっていくことを実感しています。お客様との出会いは「縁」。一つひとつのご縁を大切に、感謝の気持ちを忘れることなくトレーナーとして成長していきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が高校生の頃「ボディメイク」という言葉が広まり、人の身体がトレーニングによって変わっていく様子をテレビなどで見る機会が多くありました。身体が変わると人の内面もポジティブに変化することに感動し、私もトレーニングやスポーツなどを通して「人の変化」をサポートできる仕事がしたいと思うようになりました。東京スポーツ・レクリエーション専門学校を選んだのは、パーソナルトレーナーになるためのスキルはもちろん、「人となり」も学べる学校だと思ったから。オープンキャンパスに参加した際、先生方が「実学教育・人間教育・国際教育」という建学の理念に基づいて指導してくださることがよくわかり、入学を決意しました。

お客様が目標を達成できるよう、気持ちの面もサポート

学校で学んだこと・学生時代

スポーツトレーナー科は学生の年齢層が幅広くて、さまざまな年代のクラスメイトとともに学べたことが刺激になりました。学生時代の全ての学びが今の仕事につながっていますが、なかでも特に役立っているのがコミュニケーション力です。実習では相手の話を聞き、気持ちを読み取ることの大切さを身を持って体感。パーソナルトレーナーとは、人と人との心のつながりがあってこそ成り立つ仕事であることを学びました。コミュニケーションに苦手意識を持つ人も多いと思いますが、だからこそ学生時代は、同級生・先生方・先輩・後輩、そして実習の現場で出会うお客様との交流を大切にして、あなたならではのコミュニケーション力を養ってください!

学生時代に培ったコミュニケーション力が活きています

庭野 綾さん

株式会社phygic 勤務/スポーツトレーナー科 パーソナルトレーナー専攻(現・パーソナルトレーナー科)/2016年3月卒/現在、株式会社phygicでボディメイクトレーナーとして活躍する庭野さん。就職先として同社を選んだのは、トレーニング対象者の幅が広いことが理由だそう。「例えば、弊社では結婚式を控えたお客様へのトレーニングも行っています。人生の節目のサポートができるって、すごくやりがいがあるんです。お客様は会員様の紹介でいらっしゃることがほとんど。人のつながりに満ちた環境で仕事ができることも大きな魅力です」。現在は都内のスタジオに勤務しているが、ゆくゆくは地方でのトレーニングにも力を入れていきたいと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京スポーツ・レクリエーション専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT