• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京デザイナー学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 庄司 果南さん(プロダクトデザイン学科/雑貨デザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウデザイナーガクイン

自分の作ったものが誰かのためになることが嬉しい

先輩の仕事紹介

子どもの“女子力”にアプローチ!そんなおもちゃを作っていきたい

雑貨デザイナー
プロダクトデザイン科 雑貨デザイン専攻/2013年3月卒
庄司 果南さん

この仕事の魅力・やりがい

「こどもの館」は、おもちゃや雑貨の企画・開発・デザインをする会社。私の担当は、女の子向けのホビー系おもちゃ。オシャレに興味のある子が多いので、彼女たちの女子力に訴えるようなおもちゃをデザインしています。最近関わったのは、日本おもちゃ大賞2013のガールズ・トイ部門で優秀賞を受賞した、子どもでもカンタンに可愛いネイルアートができるキットの第二弾商品。大切にしたのは、女の子の「想い」です。女の子って、ただネイルやメイクに憧れるだけじゃなく、そもそも大人に憧れているんですよね。なのでチップのデザインも、大人っぽい雰囲気を重視しました。実際に発売され、店頭や雑誌広告などで目にした時の喜びは大きかったです。

学校で学んだこと・学生時代

デザイン系の学生なら、卒業制作は自分の思い描くものを作る絶好の機会。私は静岡出身なので、名産の静岡茶に関するものを提案。ペットボトルが普及してリーフ茶の需要が減っているという現状にアプローチするため、お湯をいれてそのまま直接飲めるタンブラーを中心としたギフトグッズを作りました。フィルターつきで、茶葉を直接入れてもOK。テーマや使い方を評価いただいて専攻賞を受賞し「どこかにプレゼンしてみたりした方がいいよ」と言ってくださる先生もいらっしゃいました。東京デザイナー学院の先生方は本当に親身になってくれる方ばかり。在学中から先生のお仕事に関わらせていただいたり、卒業後の今もつながりがあるんですよ。

卒業制作「円爾」。静岡茶ギフトの提案です

これからかなえたい夢・目標

私たちが子どもだった頃のおもちゃって、描いて遊ぶとかシンプルなものだったのですが、今はこだわりのあるおもちゃが増えているなと感じています。私の手掛けたネイルやアクセサリーを作るおもちゃなども、クオリティがあがっていますし、質の高いものは人気ですね。だからもっともっと感性を高めて、子どもたちの「欲しい」に応えられるデザイナーになりたいです。また、私自身東京に憧れて進学とともに上京し、現在も東京で働いているのですが、ゆくゆくは地元である静岡に貢献できるようなことがしたいですね。友達と一緒に手作りのアイテムを販売する雑貨ショップ+カフェを開けたらなあ…なんて漠然と考えています。

在学中からオシャレと機能性を追求していました

庄司 果南さん

株式会社 こどもの館勤務/プロダクトデザイン科 雑貨デザイン専攻/2013年3月卒/静岡県出身。もともと美容やファッションが大好き。中でも化粧品のケースやパッケージ、雑貨などに興味を持ち「雑貨デザインもファッションの学科もあるので、幅が広がりそう」だと感じた東京デザイナー学院へ。在学中は「授業と課題、アルバイトとの両立が大変で、寝ずに課題をやったことも・・・」。しかし、言葉遣いや社会性が身についたことで、東京デザイナー学院本校舎のすぐそばに会社があり、卒業生も多数就職している(株)こどもの館への就職につながった。休日は都内の雑貨店巡りをして気分転換&勉強をしているそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京デザイナー学院(専修学校/東京)