• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京デザイナー学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡部 志乃さん(映像デザイン学科/モーションデザイナー)

人の心を動かせることが、広告制作の魅力です

先輩の仕事紹介

無意識に見る人の脳裏に焼き付くような「動き」を出せるクリエイターを目指しています

モーションデザイナー
映像デザイン学科 モーショングラフィックス専攻/2020年3月卒
渡部 志乃さん

この仕事の魅力・やりがい

モーショングラフィックスデザイナーの役割は、専用のソフトを使って静止画やキャラクターに動きをプラスすること。私はテレビCMや、電車内のCMなどを担当しています。この仕事のやりがいは、何と言っても「人の心を動かすことができること」だと思います。テレビや電車内で、何気なく見たCMがきっかけでその商品を購入したり、CMそのものが話題になったり、ときには賞に輝いたり。自分が携わった作品がきちんと評価として返ってくることも嬉しいですね。一方で、SNS上での評価が厳しかった場合、ときには落ち込むこともありますが、作品に対するすべての評価を真摯な気持ちで受け止め、次の仕事につなげていきたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともとミュージックビデオを作ることが好きで、自分なりに映像をつくっていました。この道に進むことを決めたきっかけは、高校3年生のとき。音響関係の仕事をしていた父親に同行し、その現場で見た映像に感激したんです! それまでのように自分の趣味として映像を作るのではなく、プロになって、たくさんの人たちに自分が作った映像を見てもらいたいと思うようになりました。進学先として大学も考えたのですが、2年という短い期間で集中的に学べる専門学校に進むことを決意。最終的にTDGを選んだのは、私が学びたかったモーショングラフィックスを専門的に学べるカリキュラムが整っていたからです。

打ち合わせも、制作には欠かせない仕事のひとつ

学校で学んだこと・学生時代

1年次の後期から自分が進みたい分野を専門的に学びます。他の分野を専攻している仲間とともに作品を作ることも多く、それによってコミュニケーション力を磨くことの大切さを実感しました。また在学中のインターンシップでは、広告会社の仕事を体験。現場で仕事をすることで、広告を作るには何が必要なのかを身を持って経験でき、それが業界研究にも役立ちました。TDGで学んだことはすべて私の糧になり、今の仕事に活かされていると思います。やりたいことだけに集中できた2年間はあっという間で、卒業するときには「もっと学びたい」と思ったほどですが、卒業してからも専門学校時代の仲間や先生方とは連絡をとりあって繋がっています。

オンラインで土屋鞄の工房見学ができるコンテンツ制作を担当

渡部 志乃さん

株式会社たき工房 エクスペリエンスデザインユニット・ムービーラボ 勤務/映像デザイン学科 モーショングラフィックス専攻/2020年3月卒/TDG卒業後は、デザインエージェンシーとして数多くのデザインを手掛けている、株式会社たき工房に入社。1年目ながら様々な作品づくりに携わり、周囲からの評価も高い。「TDGは、先生と生徒の距離がすごく近く、先生には何でも相談できました。なかでも就職活動の際は、何もわからず途方にくれていた私を進路指導の先生が親身になって支えてくれて。今の会社と出会えたのもTDGで学べたおかげなんです。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京デザイナー学院(専修学校/東京)