• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京デザイン専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 鈴木 信一先生(アニメーター)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウデザインセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

アニメの制作現場ならではのノウハウを伝授する先生

アニメーター
アニメーション科 
鈴木 信一先生
先生の取組み内容

アニメーションの原点は、みなさんもご存知のとおりパラパラマンガ。コマ撮りなどによって作成された複数の静止画像により動きを作る技術がアニメーションなのです。ここ数年、アニメーション作品の需要はメディアの多様化や海外での人気の高まりとともに増加しています。ですが、現場ではアニメーターの数が足りていない状況で、特に作画の部分で確かな技術を持った人材が求められています。私の授業では、デッサン・作画を中心に「描くノウハウ」を学び、高い作画力を身につけ、プロの現場も体験して実践的な力をつけていきます。私自身「アニメ工房婆娑羅」の代表取締役として、今もアニメ制作の現場に立っています。現場で今、本当に求められる実務能力を身につけて『ジャパニメーション』を担う描き手となれるよう、力をつけていきましょう!

一人ひとりの学生を丁寧に指導。基礎的な画力をしっかりと身につけていきます

授業・ゼミの雰囲気

自然な動きをつける「中割り」など、現場プロのノウハウを伝授し、作画力の高いアニメーターを育成

「実際に今放映されているアニメの制作現場のノウハウをそのまま習得できるような授業をめざしています」という鈴木先生の担当する授業のひとつ「作画」は、映像としての絵作りを学ぶ授業。特に、原画担当が描いた動きの要所をつなぐ、中間の動きを描く「中割り」は、人間やキャラクターに自然で活き活きとした動きをつける重要な作画。現場では新人アニメーターが担当することも多い「中割り」の技術をしっかり身につけます。現場を知る先生が徹底して行う作画関連科目だからこそ、即戦力として通用する知識・技術を得られます。

「作画」の授業。動画の中割りの基本、歩き・走り等人間の基本動作の動画技術を習得。原画作業の基本も学ぶ

キミへのメッセージ

プロの現場が求める技術とノウハウを持ったアニメーターを育てます!

現在、制作現場ではアニメーターの数が足りておらず、多くの人材を育てていく必要性を感じています。私と一緒に確かな技術を身につけて、第一線で活躍できるアニメーターをめざしましょう!

制作会社の代表、現役のアニメーターとして未来のジャパニメーションを担う人材を育成

鈴木 信一先生

専門:アニメーション
アニメ工房婆娑羅代表取締役。作画監督として「ゴルゴ13」「ドラえもん」「ビデオシリーズ 緑山高校」「ルパン三世」「バットマン」等に携わる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京デザイン専門学校(専修学校/東京)