• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 在校生レポート一覧
  • 松井 瑛介さん(動物バイオコース ※現バイオ医薬品コース/4年)

生物の基礎知識が不足していたので入学当初は授業についていくのに必死でしたが、先生方の親身な指導のおかげで今では最先端の研究にも参加できるようになりました

キャンパスライフレポート

長期インターンシップを通して細胞研究の最先端知識や技術を吸収中!

動物バイオコース ※現バイオ医薬品コース 4年
松井 瑛介さん
  • 神奈川県 県立保土ケ谷高等学校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    集中力と繊細さが求められるDNAの分離実験

  • キャンパスライフPhoto

    分子レベルの実験に不可欠なPCRの機械です

  • キャンパスライフPhoto

    確かな技術の習得で、毎日充実した日々です

学校で学んでいること・学生生活

現在はインターンシップ先の研究室でオートファジーに関する研究に携わっています。顕微鏡で捉えた細胞内の現象をAIで自動的に画像化するためのサンプル収集が私の役割。責任は重大ですが、世界レベルの研究者たちから最先端の知識を吸収しながら、自分がやりたかった基礎研究に携わっているという充実感も味わっています。

これから叶えたい夢・目標

入学時は創薬に関わる仕事に就きたいと考えていましたが、遺伝子工学や細胞培養などの実験・講義を通して、再生医療に興味を持つようになりました。iPS細胞に代表される再生医療は、今後の医療にとって重要な位置を占める技術。学校で身につけた幅広い実験スキルと知識を再生医療の研究に生かしていきたいと考えています。

この分野・学校を選んだ理由

医療や創薬の研究に関わることで人の役に立ちたいと考えていた時、進学するならココだ!と思えたのが東京バイオです。「授業の60%が実験授業」の東京バイオなら研究の現場に必要な知識と技術が習得できると確信しました。

分野選びの視点・アドバイス

自分が興味を持つ分野を深く学ぼうという気持ちを持つことが大切だと思います。そうすれば、それを叶えられる学校がどこなのかおのずと見えてきます。私にとっては実践的な技術を集中的に学べる東京バイオでした。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 動物細胞工学実習 実験動物取扱実習 抗体作成実習 免疫学 生命倫理
2限目 動物細胞工学実習 実験動物取扱実習 抗体作成実習 動物生理学 薬学概論
3限目 動物細胞工学実習 実験動物取扱実習 抗体作成実習 実験動物学 中級バイオ対策講座
4限目 動物細胞工学実習 実験動物取扱実習 抗体作成実習 科学英語 動物細胞工学
5限目
6限目

時間割は2年生の時のものです。現在は、週4日のインターンシップを行なっています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

東京バイオテクノロジー専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT