• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 特殊メイク学科

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科

定員数:
120人 (学科入学定員)

傷やヤケド、シワなどのフェイクやファンタジーに登場するキャラクターを生み出す特殊メイク技術を身につけよう!

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

目指せる仕事
  • 特殊メイクアーティスト

    テレビや映画、舞台に登場する人物を作り上げるメークアップ・アーティスト

    映画や舞台、テレビドラマの出演者に対し、役柄に合ったメークを施す。架空の人物を作り上げるにあたり、創造力、独創性は必須。また、メークを施される人物の骨格や肉付きを考慮し、よりリアルに見えるメークを開発していく技術や知識も欠かせない。

  • ヘアメイクアーティスト

    求められる状況に合わせた“最高のキレイ”をつくる美容のプロフェッショナル

    ヘアメイクアーティストは、ヘアとメイクを専門に扱う美容のプロフェッショナルです。雑誌や広告、テレビや映画、ショーやブライダルの現場などでクライアントの要望に合わせてヘアスタイリングやメイクをします。類似する職業にメイクをメインで行う「メイクアップアーティスト」がありますが、「ヘアメイクアーティスト」はヘアとメイクの両方を担当します。求められるイメージや相手の希望に合わせてヘアとメイクを仕上げるため、ヘアアレンジやメイクの技術はもちろん、全体のバランスを崩さないようにファッションを含めた知識が不可欠です。ヘアメイクの専門資格ではありませんが、髪をさわるために美容師免許は必ず必要になります。イメージに合わせてヘアとメイクをつくり上げる想像力と表現力、手先の器用さ、手際のよさもヘアメイクアーティストに求められる資質です。専門学校や短大で美容に関するコースを履修し、美容師免許を取って就職するのが一般的ですが、現場で学びながら一人前を目指すことも可能です。

  • メイクアップアーティスト

    タレントやモデルのメイクから、ブライダルや医療メイクなども

    テレビ、雑誌、CM、ポスター、コレクション、映画などのモデル、タレント、俳優などのメイクを手がけます。メイクは、役柄や求められる雰囲気づくりに対して深く関わる重要なポイントになっています。また、よりアート性を重視したものや、映画の特殊メイクなどの分野で高く評価されるケースも増えています。

初年度納入金:2021年度納入金(参考) 139万7000円  (教材費・研修費などは別途)
年限:2年制

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の学科の特長

特殊メイク学科の学ぶ内容

観る人に大きな驚きと感動を与えるプロフェッショナルを育成
メイクアップや特殊メイク、造形技術は、映画・テレビ・写真・音楽・イベント業界など、必要とされる分野が幅広く、それぞれの業界において求められる技術やスキルが異なります。本学科では将来目指す業界別にカリキュラムを構成。技術の習得はもちろん、卒業後の仕事を意識しながら学習していきます。

特殊メイク学科のカリキュラム

業界別に求められるスキルを凝縮させたコース別のカリキュラム
◆特殊メイクコース/日本トップクラスの講師陣を招き、最新の特殊メイク技術を実習を中心に習得
◆映像・舞台メイクコース/メイク技法に加え、ボディペイントやピース制作など市場価値の高い人材を育成
◆特殊造形コース/CGによるデザインからモデリング、原型制作、着色、フィニッシュをトータルに学習

特殊メイク学科の授業

映画やCMで活躍中の特殊メイクアーティスト・江川悦子先生など、トップクリエイターから学べる
北野武監督の映画『龍三と七人の子分たち』等を手掛けた特殊メイクの第一人者・江川悦子先生等のトップクリエイターから最新のテクニックが学べます。また、放送学科、映画学科のテレビ・映画制作実習に参加し出演者の傷メイクやヤケドメイクを担当したり、他学科とのコラボレーション授業で実践力を養えるのも特長の1つ。

特殊メイク学科の先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    超リアルな人工皮膚から妖怪まで製作。プロの仕事に混ざって腕試しする機会もあります

    デッサン、色彩などの基礎をはじめ、特殊メイクのアイテム制作を実習で学びます。メイクショーや都美術展、学校祭、卒業制作など作品を見せる機会は多く、2年間で約30の作品を制作。卒業時には自己PRに役立つ作品集ができます。また2006年には映画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪9体の制作…

    東京ビジュアルアーツの先生

特殊メイク学科の実習

ハリウッド型実習で、あらゆるメディアに対応できる応用力を身につけられるカリキュラム
ひとつのテーマを決め、デッサン実習→彫塑実習→特殊メイク実習といった実際にハリウッドで行われている制作過程で学び、作品を表現できるカリキュラム。特殊メイクアップアーティスト、映画メイクスタッフ、テレビメイクスタッフで応用できる優れた実習が充実しています。

特殊メイク学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    多くの人に感動してもらえるヘアメイクアーティストになりたい!

    オープンキャンパスに参加した際、講義について話を聞いたことがきっかけに。海外研修があり、また映像学科や写真学科、ダンス学科などとの多くのコラボ企画があり、1年生でも活躍できることに魅力を感じました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    特殊メイクのほか、デッサンや彫刻、ヘアメイクにも夢中な毎日!

    体験授業を実際に受けて、特殊メイクを基礎から学べることが入学の決め手になりました! 実際に現場で活躍しているプロの方が来校してデモンストレーションしてくれたことも魅力的でした。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    将来は、ライブに出演するアーティストのバンドメイクを担当したい!

    TVAは、舞台メイクに力を入れながらナチュラルメイクも学べることが魅力でした。また、高校3年の半年間、1ヶ月に1回ほど、学校で授業を受ける「AOプレスクール」がある点にも惹かれました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    写真館やフォトウェディングで、女性の幸せのお手伝いをしたい!

    ナチュラルメイクやヘアメイクだけでなく、舞台メイクや、特殊メイクなどを学べることに惹かれてTVAの入学を決意。学校説明会で実際に学べる内容を聞いたことがきっかけとなりました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    肉体の骨や筋肉の動きなどを勉強して、よりリアルな作品を目指したい

    TVAを選んだのは、映画やテレビ番組で使う特殊造形物の制作を学べ、デッサンなどの基礎技術も磨けることに惹かれたからです。また、企業との繋がりがあり、工房見学にも行けることに魅力を感じました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    自分が考えているものが形になる面白さ! 特殊メイクに夢中の毎日!

    TVAを選んだのは、プロの方が使う教材や道具、環境が整っていて、学びやすいことに惹かれたからです! 業界で活躍されている方が教えてくれるので、わかりやすく的確に指示がもらえる点にも魅力を感じました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    どんな依頼にも対応できるよう、様々なスタイルを勉強中!

    TVAを選んだのは、映像舞台メイクだけでなく、専攻が違う特殊メイクも学べることに惹かれたからです! 現役のメイクアップアーティストであり、経験豊富な先生が多い点も入学の決め手になりました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    驚きや感動を与えることができる特殊メイクアーティストになりたい!

    美術系の高校に通っていたので、美大進学も考えました。でも、特殊メイクを学ぶなら大学よりも専門学校のほうが必要なスキルが身につくとTVAを選択。専門に特化した充実のカリキュラムはとても魅力的でした!

    東京ビジュアルアーツの学生

特殊メイク学科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    現場で誰にも気づかれない自然な特殊メイクを施したときは、最高の気分になります

    役者に特殊メイクを施したり、特殊造形物を作る仕事をしています。特殊メイクの場合、会社で7割程度形にしてから現場に行って残りの3割を仕上げます。造形物は人間以外のキャラクターのほか、医療ドラマで使用する臓器や赤ちゃんなども作っているんですよ。この仕事の魅力は、毎回違うものを作るので…

    東京ビジュアルアーツの卒業生

特殊メイク学科の卒業後

『就職 + 業界サポート』 東京ビジュアルアーツは“夢をかなえる”学校だ!
開校以来36,000人以上の卒業生がクリエイティブ業界・エンターテイメント業界で活躍中!また、フリーランスとして活躍を目指す学生もしっかりサポート。業界との繋がりでメイクアップアーティストのアシスタント募集やコンテスト情報を提供するなど、どんな進路においてもバックアップは万全です。

特殊メイク学科の研修制度

あの映画やテレビ番組のメイクを担当。自分の作品が日本中で注目されるチャンス!
実際の映画やテレビ番組、舞台などの制作現場に、特殊メイクやヘアメイクスタッフとして参加。在学中にプロとともに業界で活躍しながら、現場感覚と実践力を磨きます。
<参加実績>
◆フジテレビ系『逃走中』シリーズにメイク・特殊メイク担当として参加
◆「ウルトラマンフェスティバル」に特殊造形スタッフとして参加、他多数

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科のオープンキャンパスに行こう

特殊メイク学科のOCストーリーズ

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の募集コース・専攻一覧

  • 特殊メイクコース

  • 映像・舞台メイクコース

  • 特殊造形コース

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の学べる学問

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の目指せる仕事

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の資格 

特殊メイク学科の目標とする資格

    • 色彩検定(R) (A・F・T)

    トータルビューティーカラーイマジニスト資格検定

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の入試・出願

東京ビジュアルアーツ 特殊メイク学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒102-0081 東京都千代田区四番町11
フリーダイヤル0120-64-6006
info@tva.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
四番町校舎 : 東京都千代田区四番町11 「市ケ谷」駅から徒歩 8分
「麹町」駅から徒歩 5分
「半蔵門」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


RECRUIT