• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽総合学科

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウビジュアルアーツ

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科

定員数:
200人 (学科入学定員)

アーティストとして業界デビュー!アーティストをサポートするスペシャリストにも!夢を叶える環境が充実

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • ステージエンジニア

    音響、照明、映像などで舞台を効果的に演出

    音響、照明、映像などで、ステージを効果的に演出する技術スタッフ。台本、スケジュール表などをもとに、どんな機材をどう使うか決める。この際、舞台の大きさ、電気系統、公演の内容などによって機種を使い分ける。機材の操作だけでなく、出演するアーティスト、ディレクターの意図を理解し、求められるイメージを実現する力が必要。

  • イベントプランナー

    人の心を動かすイベントを企画し、成功へ導く

    イベントプランナーの役割は、新製品発表会や展示会、店舗のオープニングレセプション、音楽イベント、ファッションイベント、スポーツイベント、観光地のPRイベント、オリンピックや万博、国際会議など、さまざまなジャンルのイベントを企画することです。企画したイベントを実行に移すためには、主催者となるクライアントに“実行するに値する、魅力あるイベント”だと認めてもらわなくてはなりません。イベントを生み出すクリエイティブ力のみならず、提案力・プレゼンテーション力・対人コミュニケーション力が重要になる仕事です。なるのに特別な資格や免許は必要ありませんが、イベント・プロモーション部門のある会社に所属し、活躍している人が多いです。採用試験では4年制大学卒の学歴を求められることが少なくありませんが、短大卒や専門学校卒まで間口を広げている会社もあります。最近ではイベントとSNSを連動させることでさらなる広告波及効果をねらう動きが高まっており、イベントプランナーにもそのアイデアが求められています。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 139万7000円  (教材費・研修費などは別途)
年限:2年制

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の学科の特長

音楽総合学科の学ぶ内容

コンサート、ライブなどのイベントに対応できる能力を基礎から実践まで専門的に学ぶ
プロ仕様の機材や設備を使用し、基礎から応用まで使いこなすテクニックを学習。音響、照明、録音など、それぞれの分野で即戦力となれる人材を育成します。さらに学外のライブハウスやイベント会社などと協力して行う業界コラボ、他学科とのコラボによるイベント制作を通じ、現場で求められるスキルを実践的に学びます。

音楽総合学科のカリキュラム

目指す将来に向けた3専攻11コースで、実習中心に学ぶ
●スタッフ専攻(PAコース/照明コース/レコーディングコース/企画・制作コース)
●ミュージシャン専攻(ヴォーカルコース/ギターコース/ベースコース/ドラムコース/作曲・アレンジコース)
●音楽総合専攻(総合スタッフコース/ミュージシャン&スタッフコース)

音楽総合学科の実習

人気のライブハウスが教育サポート。他学科とのコラボで、現場を実践的に学べる
ライブハウスと提携したカリキュラムで学べるので、1年次からたくさんの経験を積むことができ、在学中から現場感覚を身につけることができます。また他学科とのコラボも積極的に行っており、他学科のショーやミュージシャン専攻のライブステージ演出など実践的に学びスキルを磨きます。

音楽総合学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    アーティストの魅力を引き出せるレコーディングエンジニアになりたい

    高校時代からバンド活動を続けていて、インディーズバンドとしてレコーディングをした際、親身になってくれるエンジニアさんと出会いました。それがきっかけで、レコーディングの仕事に憧れるようになりました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    演者やお客様に感動を与えられる照明スタッフになりたいです!

    高校生のときに文化祭でステージ運営を行い、照明を担当しました。素人でもできる単純な作業でしたが、演者の人たちがとても喜んでくれた姿を見て感激。「照明の仕事がしたい!」と思うようになりました。

    東京ビジュアルアーツの学生
  • point キャンパスライフレポート

    憧れのロックバンドとの対バンを目標に。ミュージシャンとして活躍したい!

    練習できるスタジオやライブできるスタジオがあることが魅力。オープンキャンパスで実際の設備を見学して、また先生方のお話を聞いて、生の現場を体験しながら授業を受けられると思ったのが入学を決めた理由です。

    東京ビジュアルアーツの学生

音楽総合学科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    音響のプロとして、キャスト・スタッフとともにひとつの舞台作品を作り上げています

    舞台やライブで、「音」に関わるすべての仕事に携わっています。ひとつのステージを、出演者、演出家、照明、技術、美術、音など、さまざまなプロたちの力によって作り上げていきます。予期せぬトラブルもつきもので、なかでも音のトラブルはお客様にダイレクトに伝わってしまいますから、準備段階から…

    東京ビジュアルアーツの卒業生
  • point 先輩の仕事紹介

    エンジニアとプレイヤーの共同作業から生まれる作品。音づくりの奥深さを日々実感中!

    レコーディングアシスタントエンジニアとして、さまざまな音楽のレコーディングからMIXまでの一連の流れに携わっています。アシスタントの役目は、現場を効率よくスムーズに進めるためのサポート。うまくいったときは、本当に大きな達成感を感じますね。一方でこの仕事の魅力は、一流のプレイヤーた…

    東京ビジュアルアーツの卒業生
  • point 先輩の仕事紹介

    考える前にやってみる。自分を認めて前に進むことで、きっと何かが見えてきます

    「おすず。」というアーティスト名で、シンガーソングライターとして活動しています。都内のライブハウスを中心に、月に数回、弾き語りライブを行っています。この職業の魅力は、自分の気持ちも現実も夢も、「歌」によって表現できること。ライブで、私の歌を聴いてくださるお客様の気持ちや体温を体感…

    東京ビジュアルアーツの卒業生

音楽総合学科の卒業後

「音」と「光」がある仕事ならどこまでも。幅広い職種と高い就職率
開校以来35,000人以上の卒業生をクリエイティブ業界に輩出!また、都内各ライブハウス、劇場、ホテル、テーマパークなどのスタッフやアーティストのツアースタッフなど、“音”、“照明”がある様々なシーンで卒業生が活躍しています。また、業界体験や検定合格を取り入れた少人数制実践授業で、確実に就職へ繋げています。

音楽総合学科の資格

就職や将来の仕事に役立つ資格取得を万全サポート!
資格取得に直結した授業をカリキュラムに取り入れ、在学中からの資格取得、認定試験合格を目指しています。現場の第一線で活躍しているプロ講師が資格合格のためだけでなく、実践的な知識・技術を織り交ぜて指導してくれるので現場力も同時に養われるカリキュラムが特長です。

音楽総合学科の施設・設備

ホール、ライブハウスや業界ニーズの高い機材も充実。プロの世界をリアルに学べる環境
プロの設備を使って学べるよう、業界の動きに合わせ機材は最新のものに。土日や放課後など授業のない時間も学校を開放しているので多様な設備を使って腕を磨けます!その他、授業やイベントなど様々な用途に対応するスタンディング400名収容の多目的ホール『メディアホール』など学内に3つのライブホールを設置しています。

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科のオープンキャンパスに行こう

音楽総合学科のOCストーリーズ

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の募集コース・専攻一覧

  • スタッフ専攻

    • PAコース
    • 照明コース
    • レコーディングコース
    • 企画・制作コース
  • 音楽総合専攻

    • 総合スタッフコース
    • ミュージシャン&スタッフコース
  • ミュージシャン専攻

    • ヴォーカルコース
    • ギターコース
    • ベースコース
    • ドラムコース
    • 作曲・アレンジコース

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の学べる学問

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の目指せる仕事

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の資格 

音楽総合学科の受験資格が得られる資格

舞台機構調整技能士<国>(3級)

音楽総合学科の目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験

    照明技術者技能認定試験
    Pro Tools技術認定試験
    サウンドレコーディング技術認定試験 ほか

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の入試・出願

東京ビジュアルアーツ 音楽総合学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒102-0081 東京都千代田区四番町11
フリーダイヤル0120-64-6006
info@tva.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
四番町校舎 : 東京都千代田区四番町11 「市ケ谷」駅から徒歩 8分
「麹町」駅から徒歩 5分
「半蔵門」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


東京ビジュアルアーツ(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る