• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松原 理恵さん(映像学科/映像編集者)

作品の肝を担う責任感が刺激になっています

先輩の仕事紹介

アニメーション映画・TVアニメ作品に命を吹き込む

映像編集者
放送学科/2003年3月卒
松原 理恵さん

この仕事の魅力・やりがい

私の仕事「編集マン」は、縁の下の力持ち。イキイキとしたストーリー、アニメのキャラクターの動き、スピード感、微妙な間合い・・・。言葉やセンスが作品の魅力を決定すると思います。編集助手からスタートし、はじめて作品を任されたのは入社7年目。『まりあ†ほりっく』で信頼をいただき、以降『借りぐらしのアリエッティ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』など、数々の作品を担当させていただきました。手ごたえはありますが、まだ入り口に立ったばかり。もっと多くの監督や演出の方から“松原に”と指名してもらえるようになりたいです。

学校で学んだこと・学生時代

仲間と作品をつくる機会がたくさんありましたが、それを発表する時の緊張感は忘れられません。同級生たちや先生のシビアな評価は、“人に見せる作品をつくる”ということの意味や難しさを教えてくれました。振り返ると、楽しいながらも自分を鍛えてくれた貴重な時間だったと思います。授業では、Final Cut ProやAvid Symphony、 Photoshop、Smokeなど、授業で使いながら、編集技術を向上させていくことができます。編集だけではなく、撮影の実習を経験できたことも現場を学べるいい機会になりました。

台本をチェックしながらカットをつないでいきます

業界ココだけ話!

自分が編集した作品は、映画であれば必ず劇場に観に行きます。お客様が喜んでいる雰囲気や、実際に感想を話している様子が聞こえてくると、やはり嬉しいですね。スクリーンよりもお客様の反応が気になるほどですが、一つひとつのシーンでの反応を感じることで学ぶものも多いし、「また頑張ろう!」という気持ちになりますね。 ※こちらのコンテンツの写真・文章は、2014年度学校案内より転載しております。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』

松原 理恵さん

瀬山編集室 勤務/放送学科/2003年3月卒/映画が好きで、将来は映像に関わる仕事がしたいと考えていた。東京ビジュアルアーツのキャリア・サポートセンターでアニメーション編集の第一人者でありスタジオジブリ作品で知られる瀬山武司氏の事務所に入社、師事する。編集助手として『ハウルの動く城』や『崖の上のポニョ』等多数の作品に携わった後、数々のアニメ作品の編集を担当。主な作品に『化物語』(09年)、『借りぐらしのアリエッティ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』(10年)、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』『銀魂』(11年)など。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京ビジュアルアーツ(専修学校/東京)