• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 先生・教授一覧
  • 辻 稔先生(映像カメラスタッフ)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウビジュアルアーツ

こんな先生・教授から学べます

お笑い芸人の面白さを一瞬たりとも逃さず笑いに繋げる先生

映像カメラスタッフ
映像学科 
辻 稔先生
先生の取組み内容

現在オンエア中の番組では、『めちゃ2イケてるッ!』や『アメトーーク』などを撮っています。旬の芸人さん達はネタやトークだけで十分面白い。でも撮影の手法によって、より面白く見せることもできるわけです。基本的には、立ち稽古でタレントの立ち位置や動きを把握して撮影の準備をします。でもお笑い番組は、本番がその通りになるとは限らないのが難しいところ。タレントさんが調子に乗って何か面白いことをやったら、逃さず撮る。要は趣旨と狙いを把握して、後はアドリブ対応ということです。1台のカメラだけでなく、複数のカメラを仕切っているので本番中は戦場。今回のネタでやりたいことは何か。それを活かすカメラ操作や画の撮り方をいつも考えていますね。皆さんにはテレビ制作現場の臨場感と、カメラマンとしての技術を伝えていきたいです。

僕はスタジオでよく声を出して笑っています。ワイドレンズって揺れても意外とバレないんですよ

授業・ゼミの雰囲気

テレビ制作現場と同様の機材を使いこなし、生放送などの番組をつくる

授業では、プロの放送現場と同じ最新の映像機器を使用。テレビスタジオなどで使う大型カメラ、ニュース・報道などの機動性を重視したENGカメラ(取材用カメラ)、ドラマやCMなどで使用するEFPカメラ(番組収録向けカメラ)、デジタルハイビジョンカメラ、またVTRやモニターなどの機材についての知識と操作を覚えていきます。同時に、演出に対する理解や最も大切な感性を養成。学校祭では、他コースや他専攻の学生と一緒に番組やドラマをつくったりも。一発勝負の生放送など本格的な番組づくりで達成感を味わっています。

学生たちは映像コンペティションやCMコンテストにも積極的に参加。次々と入賞を果たしている

キミへのメッセージ

本当に好きかどうかを見極めて、早くチャンスに近づいて欲しい

簡単にはなれない仕事。やりたいことが本当に好きかどうか、専門学校の2年間で見極めるのもいいでしょう。ただ、2年間で見つけて欲しい。早く仕事をスタートして、早くチャンスに近づくのに越したことはありません。

専門学校時代から入社研修のつもりでバイトに励んだ辻先生。入社後すぐにアシスタントチーフとなった

辻 稔先生

専門:テレビ番組制作実習
略歴:1967年生まれ。東京ビジュアルアーツ放送学科卒業後、1988年株式会社ニユーテレスに入社。1995年に株式会社スウィッシュ・ジャパンに入社。2005年よりフリーカメラマンとして活動開始。フジテレビ系列『めちゃ2イケてるッ!』、テレビ朝日系列『アメトーーク』『やべっちF.C.』など、バラエティー番組を中心に活躍中。タレントからの信頼も厚く、番組に登場することも。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京ビジュアルアーツ(専修学校/東京)