• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京モード学園
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川島 幸美さん(ファッションデザイン学科(昼)/ファッションデザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウモードガクエン

人と人との「コミュニケーション」を大切にしています

先輩の仕事紹介

自社ブランドに込めた価値観やこだわりを世界中に広めていきたい!

ファッションデザイナー
ファッションデザイン学科/1997年9月卒
川島 幸美さん

この仕事の魅力・やりがい

私は今、「AULA」(アウラ)というレディスブランドのデザイン・プロデュースをしています。デザイナーのやりがいは、「自分のクリエイションで人の笑顔が見れる」ということです。そのためにはパタンナーや生産管理、プレスといったスタッフの力が欠かせないため、自ら「株式会社CODE.9(コードナイン)」という会社をつくり、企画から販売までを運営しています。新作の展示会やショーの準備をはじめ、直営のセレクトショップ「DraSTic」(ドラスティック)のバイイングにも携わるなど多忙な毎日ですが、大きな山を越えていった時にしか味わえない達成感を、大切なスタッフたちと一緒に楽しんでいます。

学校で学んだこと・学生時代

私自身、学生時代は「本当にデザイナーになれるだろうか」と不安になることもありました。でも、諦めたらそこで終わりです。多くの課題をこなしつつ、授業にも集中して学んでいけば、必ず道は開けると思いました。学校では「パターン理論」をはじめ、服作りの基礎からしっかり学べたことが印象に残っています。また、洋楽のプロモーションビデオなどをたくさん見て、海外の一流アーティストが手掛ける作品からも自分のイマジネーションを養っていきました。卒業して社会に出てからも、パタンナーやバイヤー、ショップ運営などファッションビジネスに関わることを貪欲に学び、挑戦し続けてきたことが、今の自分につながっていると思います。

AULA 2018S/Sコレクション

分野選びの視点・アドバイス

若い時の経験は、どんなことでも無駄になりません。勉強でも、遊びでも、常に「一流の世界」を見聞きし、体験することを意識して取り組んで欲しいと思います。モード学園での学びは、その第一歩となるはずです。夢はすぐにかなうほど甘くはないのですが、どんな時も高い志を持って努力を続けていると、その姿を見てチャンスをくれる人が必ずいるんです。パリで開催された合同展「トラノイ」で、「AULA」というコレクションを発表した際には、ヨーロッパをはじめ、アメリカやアジアなどさまざまな国からバイヤーが集まりました。自分たちの価値観やこだわりを世界中に広めていくために、このチャンスを活かしていきたいと思います。

AULA 2018S/Sコレクション

川島 幸美さん

AULA クリエィティブディレクター/ファッションデザイン学科/1997年9月卒/モード学園を卒業後、大手アパレル会社にパタンナーとして入社、後にデザイナーとなる。1999年に転職した株式会社パルでは、セレクトショップのプロデューサーとしてバイイングや店舗設計、オリジナル商品のデザイン、ショップ運営などで手腕を発揮。2002年、株式会社マーキュリーデザインにてレディスブランド「AULA AILA」を立ち上げ、2005年に独立して株式会社CODE.9を設立。クリエィティブディレクターとして同ブランドを引き続き運営すると共に、直営のセレクトショップ「DraSTic」をオープンさせ、バイイングや運営に携わるなど、幅広い分野で活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京モード学園(専修学校/東京)