• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医薬専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • スキンケアアドバイザー科

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科(2022年4月設置予定(計画中))

定員数:
30人

1年間で皮膚に関する知識やスキンケア方法を学び、スキンケアアドバイザーを目指す

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • エステティシャン

    全身美容からストレスケアまで。心身の美をサポートするプロ

    皮膚のトリートメント、メイクアップ、痩身、脱毛、ネイルケアなどカウンセリングをして、客の目的と体質、性格にあったプログラムを組む。精神的な安らぎを求めてサロンを利用する客も多いのでカウンセラー的な役割も大きい。国際美容団体シデスコか国際エステティック連盟というインファの国際ライセンスを取得すれば海外で活躍することも可能。

  • ビューティアドバイザー・美容部員

    化粧品の知識やメイクの技術を駆使する販売スタッフ

    デパートやショッピングセンターの化粧品売り場、化粧品の専門店やドラッグストアなどで、お客さまに対してメイクのアドバイスと商品の販売を行う仕事。顔立ちや健康状態、年齢、好みに合わせたメイク法やスキンケアについてアドバイスするとともに、その場で実際にお客さまにメイクをし、それぞれのニーズに合った化粧品を勧める。女性が圧倒的に多い仕事ではあるが、最近は男性のビューティアドバイザー・美容部員も少しずつ増えている。

  • フレグランスコーディネーター

    香水の処方・設計・調香を行う

    化粧品販売店の店頭や、香水の教室などで、客や生徒に、洋服や演出したい雰囲気、気分に合わせた香水をアドバイスする。パフューマーは、既製の香水のアドバイスにとどまらず、好みに応じた香りの処方、設計、調香を行う。香水は、酸化や濃縮する時間が早いので、最適な状態をキープするための知識・技術も難しい。

  • メイクアップアーティスト

    タレントやモデルのメイクから、ブライダルや医療メイクなども

    テレビ、雑誌、CM、ポスター、コレクション、映画などのモデル、タレント、俳優などのメイクを手がけます。メイクは、役柄や求められる雰囲気づくりに対して深く関わる重要なポイントになっています。また、よりアート性を重視したものや、映画の特殊メイクなどの分野で高く評価されるケースも増えています。

初年度納入金:2022年度納入金(予定) 139万1000円 
年限:1年制

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科の学科の特長

スキンケアアドバイザー科の学ぶ内容

皮膚に関する専門知識を身につけ、肌の悩みを解消できるスキンケアのプロを目指せる
肌に影響を与える要因についての基礎知識や、化粧品の成分なども理解し、肌の悩みに応じた化粧品やメイク方法を提案できるコスメの専門家を目指します。化粧品だけでなく、肌(皮膚)の構造、化粧品の原料などを学ぶので、美容学校とは違い、化粧品の成分のことがより詳しく学べます。

スキンケアアドバイザー科のカリキュラム

化粧品総合学科から独立!新たな学びがスタート!
化粧品総合学科を目指す方の中に、肌の悩みやスキンケアについて深く学びたい方が多くいました。その声に応えて新たに「スキンケアアドバイザー科」を設立。医療の学校にある化粧品分野の学科。皮膚科学や化粧品学などスキンケアについて理論的に学びます。たくさんの化粧品の原料を実際に目で見て触りながら学びます。

スキンケアアドバイザー科の授業

化粧品総合学科で培った化粧品に関する専門的な授業など、肌(皮膚)の構造、原料について学ぶ
化粧品カウンターでスキンタイプや肌の悩みごとのアドバイスを行うための基礎知識やカウンセリング技術を学ぶ「スキンケアカウンセリング」、化粧品の製品に含まれる原材料やさまざまな作用を持つ原料について学ぶ「化粧品学」など、専門的な知識や技術を楽しみながら学べる授業を行います。
実践的な授業がたくさん!実習を通して学べるので理解が深まる
スキンケアカウンセリングやビューティーメイク、化粧品トータルセールスなどの実践授業も豊富。スキンタイプ別や肌悩みに合わせたスキンケアアドバイスができるようカウンセリング技術を習得します。また、化粧品の処方を理解するため、スキンケア化粧品をつくる実習もあり、楽しみながらスキンケアについて学べます。

スキンケアアドバイザー科の卒業後

化粧品分野での就職実績は100%(2020年3月化粧品総合学科卒業生28名就職)
入学直後からスタートする就職サポートや、最新の施設・設備を使った、現場と同様の環境で行う実習により、専門的な知識と技術が身につきます。そのため、化粧品分野での就職実績も抜群! スキンケアアドバイザー科では、化粧品メーカーや百貨店、エステティックサロンでの活躍を目指します。

スキンケアアドバイザー科の資格

卒業までに「コスメコンシェルジュ」の資格取得を目指す!
化粧品の成分表示を理解し、その化粧品の特長を把握することができる「コスメコンシェルジュ」の資格を取得することで、肌の悩みに対して最適な化粧品を選び、アドバイスできるようになります。このほかにも、化粧品に関わるさまざまな資格の取得を目指します。

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科の学べる学問

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科の目指せる仕事

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科の資格 

スキンケアアドバイザー科の目標とする資格

    コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容総合検定スキンケアマイスター、全国化粧品販売員検定

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科の就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

化粧品メーカー、百貨店、エステティックサロン

東京医薬専門学校 スキンケアアドバイザー科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-5-12
フリーダイヤル 0120-06-1610
info@tcm.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京医薬専門学校 : 東京都江戸川区東葛西6-5-12 東京メトロ東西線「葛西」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


東京医薬専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT