• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京医薬専門学校
  • 好奇心の授業一覧
  • シャンプーで髪の手触りが違う!それって何のおかげ?

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

好奇心の授業

自然・環境・動植物・科学
シャンプーで髪の手触りが違う!それって何のおかげ?
テーマphoto
どんなシャンプーを使っていますか?
ドラッグストアやスーパーでたくさん並んでいるシャンプー。シャンプーとリンスが一緒になっているタイプから、最近人気のノンシリコンシャンプー、アミノ酸配合シャンプー、アロマや植物由来など種類が豊富で、かつ「サラサラタイプ」「しっとりタイプ」「低刺激」など効能もさまざま。
その種類に圧倒され、「どれが自分に合っているのかな…?」と悩んでしまうことも多いのでは?
話題のアノ製品、いい?悪い?
最近話題になっているのがノンシリコンシャンプー。「毛穴を詰まらせてしまう」と言われているシリコンを除去していることから、ケアを気にする人に支持を得ているのですが、シリコンは髪に悪いのでしょうか?
そもそもシリコンとは、成分でいえばジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンなどのこと。髪をコーティングして手触りをよくしたりツヤを作ることに一役かっている存在なので、パサつきやダメージが気になる人にはGOOD。実際、シリコン入りと無しのシャンプーを使い比べてみると、髪を触った感触はシリコン入りの方がいいそう。また、その粒子はとても細かく、毛穴を塞ぐほどではないとも考えられています。
一方でカラー剤やパーマ液が浸透しにくくなるという面もあるので、美容院での施術時には相応しくない可能性も…。目的によっても変わってくるようです。
パッケージの成分表示を見てみよう!
先ほどシリコンの成分について記載しましたが、シャンプーのメインは水、そして毛髪や頭髪の汚れを洗い落とす界面活性剤などで、これらの組み合わせで色々な種類が誕生します。パッケージの成分表示を見て、それぞれの成分がどんな役割を持っているのかを知ると、とても面白いもの。
実際にシャンプー作りに関わる開発者は、これら成分を組み合わせながら、そのときのトレンドや消費者の求めるものを作っていくために、日夜研究を重ねているんですよ。
これって実は・・・応用化学
学べるのは、ココ!
東京医薬専門学校 化粧品総合学科 
photo
「好みの化粧品やヘアケア製品を自分の手で作りたい」そんな思いがあるなら東京医薬専門学校へ!化粧品総合学科は、化粧品開発に特化した日本初の専門コース。化粧水などの基礎化粧品から、チーク、口紅、ワックスなどのヘアケア製品まで、全ての分野で研究開発職として活躍することが目標です。化粧品原料メーカーの協力があるので、製造から処方開発、品質分析すべてを学ぶことができる上、2年間で確実な力を身につけることができます。満足のいく化粧品ができたら、多くの人に使ってもらいたい!そんなときに必要な製造・販売の資格「化粧品総括製造販売責任者」が卒業と同時に取得できます。

東京医薬専門学校(専修学校/東京)