• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医薬専門学校
  • 好奇心の授業一覧
  • AIで事務仕事は奪われる? AIでできる仕事・できない仕事

好奇心の授業

医療・福祉
AIで事務仕事は奪われる? AIでできる仕事・できない仕事
テーマphoto
患者さんの気持ちに寄り添った対応をすることが大事
こんなところまで来ているAI技術
近年、さまざまな分野に導入されているAI(人工知能)。みなさんにとって身近なところでは、スマートフォンのアシスタント機能やスマートスピーカーをはじめ、動画サイトを閲覧していると出てくるおすすめ動画のセレクトなどにも、AIのテクノロジーが活用されています。話題になったものでは、AIロボットが接客するホテルなどもありますが、人間の仕事がAIに取って代わることで、便利な反面、将来的になくなってしまう職業があるのではと不安を抱く人もいるでしょう。
AIだって万能じゃない! 得意・不得意を知ろう
基本的に、AIが得意とする作業は、「データを正確に処理」し、「データに基づいた判断をする」こと。医療事務の分野でいうと、レセプト(診療報酬明細書)の入力やチェック、会計、受付といった業務がこれに当たります。とくに膨大なデータを正確に処理することが求められるレセプト業務にAIが導入されることは、労働環境の改善にもつながっていくと期待されています。

一方、不得意とされるのは、まったく新しいことを生み出す「創造性」や、「他者を理解」して協調したり、臨機応変なコミュニケーションを図ることなど。「なんとなく」や「特に理由がない」といったあいまいな事例に対し、自らで考えて答えを導き出すことは苦手です。そこには、やはり人間の力が欠かせないのです。
AI時代だからこそ求められる人間力
例えば、病院にかかっている時に、スタッフから「痛かったでしょう」「大丈夫ですよ」と共感やいたわりの声をかけてもらうことで、辛さが和らいだり、気分が落ち着いたりした経験は、きっと多くの人がもっているでしょう。どんなにAIが進化しても、患者さんは人間ですから、人と人とのコミュニケーションは不可欠。レセプト業務はもちろん、きめ細かな心配りができる総合力をもつ人が、これからの時代には最も求められる人材といえるでしょう。
これって実は・・・医療技術学
学べるのは、ココ!
東京医薬専門学校 IT医療事務総合学科 
photo
電子カルテや医療会計システムの導入が進み、ますます高度なIT知識が求められている医療現場にふさわしい人材を育てるのがIT医療事務総合学科。2年間で国家資格「ITパスポート」をはじめ、多くの上級資格の取得に取り組みながら、高い専門性を身につけたメディカルクラークのエキスパートを目指します。学生一人ひとりにタブレット端末を支給してIT力を鍛えるほか、医療現場で欠かせないコミュニケーション力や柔軟な対応力などを、体験授業や実習といった独自の教育システムを通して育成。同時に、病院の経営や総務、経理などのマネジメント部門も学びます。

東京医薬専門学校(専修学校/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路