• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医薬専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 沼田 茂珠さん(医療事務科/医療事務・秘書)

月に何度も訪れる患者さんも。信頼が深まっています

先輩の仕事紹介

地域密着のクリニックなので、訪れる患者さんと顔見知りに

医療事務・秘書
医療事務科/2014年3月卒
沼田 茂珠さん

この仕事の魅力・やりがい

私の勤めるクリニックは、外来診療と鼠径ヘルニア手術治療センターがひとつになった施設です。私は外来と入院の受付をメインに、診療報酬の点数計算を含め、事務全般を担当しています。地域密着のクリニックなので、患者さんは地元の方の割合が大きいですね。日帰り手術や在宅診療にも力を入れていて、よくお会いする患者さんもいるので、顔見知りになることも多いんですよ。「今月、何度も会っているね」と声をかけてくださることも。こちらからも「前にご来院されたときは、こんな症状でしたよね?」と、深くお話することができます。一人ひとり心のつながりを持って対応できる、そんな暖かな医療に携われることを嬉しく思っています。

学校で学んだこと・学生時代

東京医薬では、半年間のデュアル実習があります。これは病院などの現場で仕事を学べて、しかも給与もいただける特殊な実習です。私はそのお金を、学費に充ていました。実習先のクリニックはとても忙しいところで、毎日たくさんの患者さんがいらっしゃいました。学校で学んで頭のなかに入っていることでも、応用させるには慣れが必要でしたね。電話対応も、予想外のことを言われると、あたふたしまって…経験って大事だと思いました。そのほか、上司へのマナーなど、社会人として必要なスキルが身についたのもこの実習でした。就職する前に、現場を体験できて本当によかったです。「あの実習がなかったら…」と思うと恐ろしいぐらいです(苦笑)。

電話は顔が見えないので、意識して明るく元気よく!

これからかなえたい夢・目標

医療事務科には、10代から30代まで、幅広い年代の方がいました。普段話すことのない、いろいろな方と接することができ、とても楽しいですよ。1日のスケジュールとしては、午前中が学校で、その後がデュアル実習なので、結構忙しいですが、実習は大事です。学校で学んだことが、その日の現場で必要になることもありました。看護師やドクターに、病状などについて質問し、医学の知識を高められたのも良かったです。逆に、ドクターから「この病名でレセプトを作成するとどうなる?」と聞かれ、学校の先生に確認したことも。現場で働きながら学べるのは、とても力がつくと思います。ほかのアルバイトに時間を使うのはもったいないですよ!

スキルを身につけ、社会に役立つ仕事に就けてよかった

沼田 茂珠さん

医療法人 涼友会 神楽坂D.S.マイクリニック勤務/医療事務科/2014年3月卒/高校時代、選択授業で医療事務の仕事に触れる。身近なクリニックに関われる仕事だと知って目指してみたいと思い、東京医薬専門学校の医療事務科への進学を決意。選んだ理由は、1年制だったので早く社会に出られるから。また、働きながら学べるデュアル実習も、大きな決め手になった。デュアル実習では、さまざまな業務を体験するため、分業が進んでいる大きい病院ではなく、クリニックを選択。この半年にわたる長期間の実習の経験があったおかげで、就職後はスムーズに仕事に取り組めたという。卒業後、現在のクリニックに就職。地域密着の医療現場で活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京医薬専門学校(専修学校/東京)