• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医薬専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐久間 穂さん(くすり総合学科/医薬品登録販売者)

お客様一人ひとりに向き合っての接客を心がけています

先輩の仕事紹介

お薬に、思いやりと笑顔を添えてお渡ししています

医薬品登録販売者
薬業科 登録販売者コース/2012年3月卒
佐久間 穂さん

この仕事の魅力・やりがい

医薬品の登録販売者としてドラッグストアで働いています。この「登録販売者」とは、2009年からスタートしたまだまだ新しい薬の仕事。ドラッグストアなどで、薬剤師とともに、一般用医薬品を販売することができます。お店にいらっしゃるお客様で長い間、商品の棚の前で迷っている方もいますので、積極的にお声がけして薬選びのお手伝いをしています。例えば、症状に応じて漢方薬をオススメすることもあるのですが、中には空腹の時に飲むものもあり、飲み方が一般のお薬と違う場合もあります。そういうお薬の知識や、より効果的な飲み方をお伝えして「今まで知らなかった。ありがとう」と言っていただけると、やりがいを感じますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

物心ついたころから「薬」というものに興味がありました。仕事としてはっきり意識したのは小学生の時。「将来の夢を考える」という宿題が出され、母に相談したところ、薬剤師という仕事があると教えてもらったんです。それ以来、夢は「薬剤師」になりましたが、大学の薬学部はなかなかハードルが高いですよね。高校時代、進路を決める時その大きな壁にぶつかって。どうしようかと調べていた時、この「登録販売者」の資格を知りました。専門学校はいくつか見学しましたが、東京医薬専門学校を選んだのは実習時間が多かったから。資格取得のためのカリキュラムがしっかりしていて、「ここにしよう」とスムーズに決めました。

お薬の紹介以外の仕事もたくさんあるんですよ

学校で学んだこと・学生時代

この実習時間の多さというのが、東京医薬専門学校の大きな特長なんです。実は登録販売者の資格試験を受験するには、ドラッグストアや薬局などで一ヶ月80時間以上、1年にわたって働いた経験が必要。そのため、専門学校で薬の知識を学んだだけでは受験できず、卒業して実務を積んでから受験というケースが一般的です。その点、東京医薬専門学校は実習としてドラッグストアで働けるので、在学中に受験資格を得て試験を受けられ、卒業の時には登録販売者の資格を取得しているんです。もちろん、就職活動の時にも資格をアピールできますし、内定獲得に有利。就職してから資格取得の準備をせずに済むのもいいですよ。

商品の販売状況のチェックも大事な役割です

佐久間 穂さん

株式会社セキ薬品勤務/薬業科 登録販売者コース/2012年3月卒/就職先のドラッグストアでは医薬品の販売だけでなく、発注や品出しなど業務全般に携わっている佐久間さん。「この仕事の基本は接客です。薬に興味があるというよりも、人と接するのが好きという方のほうが、この仕事に向いているかもしれませんね」と後輩たちにアドバイスを送る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京医薬専門学校(専修学校/東京)