• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 三島 康佑さん(柔道整復科/柔道整復師)

初回から症状が改善するよう、しっかりと施術します!

先輩の仕事紹介

患者様からの「ありがとう」、それがなによりのモチベーション!

柔道整復師
柔道整復科/2016年3月卒
三島 康佑さん

この仕事の魅力・やりがい

入社5年。現在、沖縄の宜野湾うちどまり整骨院の院長をしています。患者様の多い院なので、たくさんの症例に触れながら、今も多くの経験を積む毎日です。以前、ぎっくり腰で来院された男性の患者様がいらっしゃいました。歩くのもつらい、とのことでしたので、お身体を診たところ、筋肉を使いすぎていて、ケアもされていないことがわかりました。お話をじっくり伺って、手技の強さも調整しながら施術したところ、「だいぶ楽になったよ」とお声がけいただき、それからは定期的に通ってくださっています。徐々に症状も改善されてきて、僕自身の自信にもつながりました。患者様からの「ありがとう」がなによりのモチベーションですね!

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生のころは野球部でピッチャーをしていたのですが、肩をケガしてしまいました。そこで顧問の先生に整骨院に連れていってもらったことが、この仕事と出会うきっかけになりました。そのときは電気治療をして、再び投げられるようになりました。高校でも野球は続けたのですが、またもやケガをしてしまいました。選手を続けるのではなく選手を支える側になりたいと思い、医療の道に進むことを決意しました。最初に考えた職業はスポーツトレーナーで、そのために資格があれば強いんじゃないかと考え、東京医療福祉専門学校に入学。学校見学のときに、先生がずっとつきっきりで案内してくれ、「ここなら安心して学べるな」と思ったんです。

背骨や骨盤など、矯正治療に力も入れています

学校で学んだこと・学生時代

少人数制の学校なので、先生が一対一で教えてくれるのが良かったです。実は、1、2年生のころはあまり勉強をしていなくて、「このままじゃ資格を取れないよ」と先生に言われてしまったんです。でもそんな僕を見捨てることなく、先生は放課後もつきっきりで勉強を教えてくれました。個人的に工夫したことでは、筋肉の部位などは、文字だとなかなか頭に入らないので、絵に描いて覚えたり、過去問をひたすら解きました。これほど集中して勉強したことはないという1年間を過ごした結果、無事に国家試験も合格!先生には本当にお世話になりました。授業や国家試験対策はもちろん、就職活動でも親身にサポートしてくれ、希望の就職が実現できました!

社長の写真を背景に、院のみんなで撮影!

三島 康佑さん

株式会社クラシオン「宜野湾うちどまり整骨院」院長/柔道整復科/2016年3月卒/自身がケガをした経験が、医療の道を志すきっかけとなったという三島さん。「ケガをして苦しむ選手の気持ちがわかるからこそ、自分にできることがあるはず」という。宜野湾の人々の健康をサポートする一方、宜野湾は高校野球強豪校の本拠地でもあるため、身体の成長期にある小学生・中学生の野球選手のケアや、野球に関わる高校生・社会人のパフォーマンスアップにも尽力。「選手を支える人に」という初心に立ち返ることができる環境で、夢の実現に向けて日々研鑚を積んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京医療福祉専門学校(専修学校/東京)