• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京衛生学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 福島 恵美さん(リハビリテーション学科(昼間部・3年制)/理学療法士)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウエイセイガクエンセンモンガッコウ

リハビリは患者さんに話しかけながら進めていきます!

先輩の仕事紹介

内科から整形外科、難病まで、幅広い患者さんのリハビリを担当。心のケアも大切です!

理学療法士
リハビリテーション学科/2013年3月卒
福島 恵美さん

この仕事の魅力・やりがい

町田慶泉病院で、理学療法士として働いています。病気やケガで日常生活に支障をきたした患者さんに対して、起き上がりや立ち上がり、歩行回復のための身体的なリハビリテーションを行う仕事です。理学療法士という仕事の魅力は、担当している患者さんに合わせたリハビリプランによって回復していく姿を、間近で実感できること。「患者さんの役に立った」ということに、いつも大きな喜びを感じます。寝たきりの状態から、歩けるまでに回復して、見事在宅復帰を果たされた患者さんのご家族から、「こんなに元気になりましたよ!」と写真をいただいたこともありました。本当に嬉しかったですね。

業界ココだけ話!

1チーム10名体制で、内科から外科、整形外科、難病に至るまで、幅広い疾患に携わっています。入院直後の「急性期」から在宅を目指す「回復期」、リハビリの結果が出にくい「維持期」まで、患者さんの病状も様々。中には、入院生活や身体の痛みからストレスを抱えている方もいるので、心のケアも欠かせません。患者さんのお話をじっくりお聴きすることを何より大切にしています。また回復期の患者さんが在宅に戻られる際には、事前にご自宅に伺って環境をチェックすることも。手すりの必要性や在宅復帰後のリハビリ内容について、提案しています。これからも様々な患者さんと関われる環境で、理学療法士としての知識と技術を磨いていきたいです!

チーム内で、患者さんのケアなどについて話し合います

分野選びの視点・アドバイス

理学療法士は、自分の努力次第で幅広い方向に進んでいける、素晴らしい仕事です!東京衛生学園の先輩の中には、プロのスポーツチームに入って、アスリートのコンディショニングを担当している人もいます。知識や技術も必要ですが、何よりも重要なのは、患者さん一人ひとりと向き合うこと。時には自分の立てたリハビリプラン通りの結果が得られず、患者さんのモチベーションが下がってしまうこともありますが、「辛さ」や「痛み」にしっかりと寄り添いながら、一緒に努力を続けることが大切です。「人のためになる仕事がしたい」という人は、是非考えてみてください!私自身も「良くなった!福島さん、ありがとう」という言葉に支えられています。

カルテ情報から病状を確認してリハビリプランを設計

福島 恵美さん

医療法人社団慶泉会町田慶泉病院勤務/リハビリテーション学科/2013年3月卒/「クラスの3分の2が年上という東京衛生学園の環境が自分に合っていました」と笑顔で話す福島さん。大学よりも1年早く理学療法士になれること、国家試験合格率の高さ、歴史などを考慮して学校を選んだという。2年生からは、老人保健施設や整形外科クリニック、総合病院などでの現場実習もスタート。忙しい毎日だったと振り返る。理学療法士7年目を迎えた今は、新人や研修で訪れる学生の教育指導も任されている福島さん。「一人ひとりの方に寄り添って、その方に合った関わりのできる理学療法士でありたい」と決意を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京衛生学園専門学校(専修学校/東京)