• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京観光専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 曽根原 まおさん(エアライン学科(2年制)/空港業務スタッフ(グランドスタッフ))

イレギュラーにも対応できるよう経験を積みたいです

先輩の仕事紹介

幼い頃からの夢を叶えてグランドスタッフに。スキルを磨いてお客様をお迎えしたい!

空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
エアラインサービス学科/2020年3月卒
曽根原 まおさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

成田国際空港にて、グランドスタッフとして、1年目の現在は主に搭乗手続き業務を行っています。渡航書類の確認や座席調整、乗り継ぎ便のご案内など、本来なら多くのお客様と接するのですが、入社した2020年度はこれまでの環境とは異なり、お客様は多くいらっしゃらないものの、今までの業務に加え、衛生管理を徹底する確認項目が増え、搭乗手続きに時間がかかってしまうことがあります。無事に搭乗手続きが済み、搭乗口に向かうお客様の後ろ姿をみるとホッとします。来年以降は国際的なイベントの開催や海外旅行も徐々に増えていくと思います。仕事の基礎をしっかりと身につけて、空港を訪れるお客様をお迎えしたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

こどもの頃、家族旅行で利用した成田国際空港で迷子になってしまったんです。不安でいっぱいの私のそばにグランドスタッフの方が寄り添ってくれ、その優しい姿に憧れたのを覚えています。その後、高校生になり、テレビ番組でグランドスタッフを紹介しているのを見て、自分もこの仕事につきたいと決心しました。農業高校に通っていたので、普通科とは履修科目が異なりましたが、少しでも夢に近づきたくて選択科目は英語を多くとりました。また、東京観光専門学校に入学を決めてからは、高校3年生の6月からプレスクールにも参加しました。普通科ではなくても専門学校に入ってから夢を叶えられるので、興味のある方は飛び込んできてください。

立ち居振る舞いや言葉遣いにも気を配っています

学校で学んだこと・学生時代

東京観光専門学校を選んだ決め手のひとつが少人数制です。しかも、クラスメイトに留学生が多く、言葉や文化を直接学べたのは大きなメリットでした。簡単な言い回しでも、発音がきれいだと伝わりやすいとネイティブのクラスメイトに聞き、実際に教えてもらえる機会もありました。また、マナーの面でも国によって異なるタブーを知ることができたので、海外のお客様に接する上で心強いです。授業では、アナウンスの授業が役に立っていますね。マイクを通すと自分の声が違って聞こえるので、教室のすみに携帯電話を置いて録音したり、より聞きやすいアナウンスの練習をしました。おかげで、今は抵抗なく空港内のアナウンスができています。

お客様一人ひとりに丁寧なご案内を心がけています

曽根原 まおさん

ANA成田エアポートサービス株式会社 勤務/エアラインサービス学科/2020年3月卒/ANAのグランドスタッフとして成田国際空港で働く曽根原さん。長野県の農業高校に通いながら、東京観光専門学校のプレスクールで英語の講座を受けたり、空港見学をしたりして、グランドスタッフになりたいという夢を強めていったといいます。「以前のように空港に多くのお客様がお戻りになった際には活躍できるよう、今は基礎のスキルを身につけたいと思っています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京観光専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT