• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京観光専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 植松 大介先生(コンシェルジュ)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウカンコウセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

一流ホテルから世界一周まで、サービスの全てを知る先生

コンシェルジュ
ホテル学科(2年制) 
植松 大介先生
先生の取組み内容

世界中の政治家が集う国際会議で、当時私が働いていたホテルが使われ、スタッフとして入ったことがあります。多数のSPやマスコミもいる緊張感の中でのサービスは、より一層のレベルが求められると感じました。さらに、日本のクルーズ船を代表する「飛鳥II」でのパーサーも経験。仕事とはいえ、多くのお客様と世界一周ができたことは誇りですね。
これら約10年間のホテルマン歴と、様々な場所で培った人脈は私の宝もの。フロント・バトラー時代、自分だけでは解決できないお客様の要望に対しても、ネットワークを駆使したり、相談をして対応できたのも、人脈を築いたからこそだと思っています。
ホテルは「場所」であり、そこに関わる全ての「人」が大切です。さらに、お客様へはもちろん、現場のスタッフ同士のコミュニケーションも欠かせないのです。

国内の一流ホテルに加え、豪華クルーズ船で植松流の“おもてなし”を提供してきました

授業・ゼミの雰囲気

本番さながらの雰囲気で行うシミュレーションとロールプレイ

幼少期をアメリカで過ごし、世界一周の船上サービス経験もある植松先生は、米語、英語、豪語を使いこなす“マルチリンガル”。宿泊を中心としたサービスに加え、実際のホテルの現場で使える語学なども授業の中で指導していきます。また、本番さながらの雰囲気で行うシミュレーションとロールプレイにより、インターンシップ時に「ぜひうちのホテルに来てほしい!」と言われる学生を多く輩出しています。
さらに、これまで培ってきたネットワークを活かし、第一線で活躍している現役のホテルマンを呼んでの特別講義なども予定しています。

授業で教えるサービスは“1つのパターン”。現場でフレキシブルに対応できる柔軟性もアドバイスします

キミへのメッセージ

東京観光専門学校の先生は、父親・母親・兄・姉です!

本校の先生方は業界のプロであり、授業から就職、プライベートまで熱心にサポートする「家族」のような存在だと思います。「みなさんの人生を背負っている!」というつもりで、最大限のサポートをしていきますよ!

植松 大介先生

担当:宿泊サービス実習、ホテルビジネス実務検定、マナー・プロトコール検定など
略歴:幼少期をアメリカ(アラスカ州)で過ごし、当時からサービス業界を志していた。日本帰国後、プリンスホテルにてフロント業務、郵船クルーズ(客船飛鳥II)にてアシスタントパーサー、パンパシフィック横浜ベイホテルにてフロント・バトラーを勤める。アメリカ在住時に始めたアイスホッケーは今も現役。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京観光専門学校(専修学校/東京)