• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 尾崎 総俊さん(グラフィックデザイン科/グラフィックデザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウコウガクインセンモンガッコウ

仕事をしながら経験を積み、技術を磨いています

先輩の仕事紹介

自分の発想や感じたことを形にしたい。そんな思いからデザインの道へ進みました

グラフィックデザイナー
グラフィックデザイン科/2015年3月卒
尾崎 総俊さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は主に、通販サイトで使用される画像の加工などを担当しています。企業の方から依頼された食品、化粧品、洗剤など多くの新商品の画像を画像編集ソフトで加工していきます。時には画像データではなく、現物の商品が届く場合も。そんなときは社内の撮影ブースで6面の角度から写真を撮り、データをPCに取り込んで作業をします。これから発売される商品にいち早く触れられることもあり、トレンドを一足先にキャッチできるのは魅力のひとつです。やりがいを感じるのは自分の仕事が評価された時。作業の早さや正確さを褒めていただけると嬉しいですね。これからもさらに技術を磨きたいです!

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃からもの作りが大好き。自分の発想や感じたことを形にして表現したくてゲーム機のカバーを自分で作ったりもしていました。それが高じてポーチや財布、手帳など誰もが日常的に使う小物をデザインしてみたいという願望が生まれ、東京工学院のグラフィックデザイン科に入学しました。学校で学んだPhotoshopやIllustratorの知識を活かしてスキルアップしたいと思ったことが今の仕事に就いたきっかけです。社会人としての振る舞いやルールを学びながら、PCに向かう毎日の中、様々な商品のパッケージデザインに触れられるのはとても刺激があります。よりステップアップしてクリエイティブな感性を磨いていきたいですね。

ミーティングの中から新しい発想が生まれることも

分野選びの視点・アドバイス

就職活動ももちろん大事ですが、限られた学生時代を悔いなく過ごして思いきり青春してください!僕の場合は学院祭で模擬店を出して、商品の売り方や並べ方など自分たちで段取りも考えたことが社会に出て役に立っています。また、少人数制の学科だからこそ先生にじっくり教えてもらい、クラスメイトとの深い絆も生まれました。そんな色々な経験が自信にも繋がって、思い出を超えて人生の一部になっています。もし、就職活動の面接で最後に質問ができる機会があったら、「職場見学」をお願いすることをお勧めします。会社の環境や空気に実際に触れてみて、そこで働いている自分をイメージしてみると、より見えてくることがあると思っています。

卒業制作ではCDのオリジナルジャケットをデザイン

尾崎 総俊さん

ネットパイロティング株式会社 勤務/グラフィックデザイン科/2015年3月卒/幼い頃からあったモノづくりへの興味からグラフィックデザインの道に進んだ尾崎さん。在学中は様々なデザインの知識・技術を身につける一方、学院祭など校内のイベントでもリーダーシップを発揮した。自身がデザインを手がけたものを世に発表していきたいという欲求も生まれ、卒業作品展では「大好きなアーティストのアルバム収録曲がシングルになったら」と仮定して、30枚のジャケットを自身でデザインしたという。現在は画像班に所属。ネット通販に掲載される商品画像の制作・加工を担当しながら、ネクストステップを見据えて自分を磨く日々だという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京工学院専門学校(専修学校/東京)