• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 磯村 貴宏さん(ミュージック科/ドラマー)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウコウガクインセンモンガッコウ

ライブやリリースを重ねるたび、夢に近づいています

先輩の仕事紹介

音楽が形になって、誰かを動かすキッカケになることが嬉しい。この仕事ができて幸せ!

ドラマー
ミュージック科/2007年3月卒
磯村 貴宏さん

この仕事の魅力・やりがい

この仕事のやりがいの一つは、自分たちの音楽がCDという「形」になること。自分たちがどんな人で、どんな音楽をやっているのか。意見をぶつけあったり、挑戦や試行錯誤をしてきた「集大成」を形にして残せること、さらにそれをたくさんの人に聴いてもらえることは、大きなやりがいです。そして何と言ってもライブ。ライブハウスに足を運んでくれたお客さんが、心から楽しんでいる姿を見られるのは何よりも嬉しい。ライブハウスにも来たことがなかった子が、僕たちの音楽を聴くために初めて来て、友達ができた、なんて話をしてくれることも。そんな誰かが動き出す、繋がるキッカケになれると、「このバンドをやっていてよかった」って思います。

学校で学んだこと・学生時代

高校時代、東京工学院が開催しているバンドコンテストに参加したことがきっかけで、この学校と先生に出会い、進学を決意。講師の先生からは、技術面はもちろん、音楽業界の厳しさも学びました。僕も当初、ミュージシャンって、どこか「いい加減」っていうイメージがあったんですけど(笑)。実際には時間はきちんと守るし、あいさつもしっかりする。そして、それが自分を活かすことになる。そんなことを学べたのが、今に繋がっていますね。また音響や照明、映像など様々な学科の学生と交流できたのも大きいですね。卒業生とライブの現場でばったり、なんてことは今もよくありますし、学生時代の知り合いにMVを撮ってもらったこともあるんですよ。

ライブ前のセッティングもしっかり時間をかけます

これからかなえたい夢・目標

「Rhythmic Toy World」が成長するにつれ、ファンやスタッフの方など、僕たちを支えてくれる人も増えてきて、背負う責任の重さも日々実感しています。でもその責任も、ドラムを「仕事」にできている、という証でもありますから、やはり僕にとっては、すごい幸せです。ドラマーはライブ中もメンバー全員が見られる位置にいて、バンドの音楽の土台になるパート。これからもしっかりバンド全体を支えていきたいと思いますし、メンバーから何かを求められたときには、すぐに応えられるようなドラマーになっていきたいですね。まずはバンドの結成当初からの目標である「大阪城ホールでのライブ」の実現に向け、これからも成長を続けていきたいです。

仲間、ファン、スタッフとともに夢のステージへ!

磯村 貴宏さん

Rhythmic Toy World 所属/ミュージック科/2007年3月卒/「Rhythmic Toy World」は2009年に結成。数々の大型フェスのほか、国外イベントにも出演するなど、大注目のバンドだ。ミュージシャンにとって、何より大切で難しいことは「続けること」だという磯村さん。「僕も苦しい時期はありましたが、今があるのはやはり、続けてきたから。『今やめてしまうなんて、もったいない』と思うこともたくさんあるんですよ」。これからミュージシャンを目指す人には「大きな目標を立て、あきらめずに取り組んでほしい」と語る。「いつか皆さんと共演できる日を楽しみにしています!」と後輩にエールを送ってくれた。(Live Photo by MASANORI FUJIKAWA)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京工学院専門学校(専修学校/東京)