• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田口 麻美さん(アニメーション科/アニメーター)

アニメーターには観察眼とそれを表現する力が大事!

先輩の仕事紹介

なにげない日常のシーンの空気感を表現できるアニメーターになることが目標です!

アニメーター
アニメーション科/2013年3月卒
田口 麻美さん

この仕事の魅力・やりがい

アニメの制作では、大きく分けて原画担当と動画担当に分かれます。まず原画担当がキャラクターなどの最初と最後の動きを描き、動画担当がその間の動き(コマ割り)を描いていきます。原画はベテランのアニメーターが描き、私は動画を担当しています。大まかな動きは原画担当が決めるのですが、自然な動作に見せるためには、私も普段からの観察が欠かせません。たとえば、肘を曲げるだけの動きに見えても、よく見ると手首や指先も少し動いているんですよ。そうやって人や動物などの動きをよく見て、自然な動きにできた時は満足感がありますね。作品のエンドロールで、初めて自分の名前が流れた時は感激しました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともとCGに興味があって、絵を描くのが大好きでした。東京工学院のアニメーション科に入ったのは、卒業生だった父の勧めです。実は私は、入学当初はアニメにそれほど興味があったわけではなかったんです。でも、授業を受けるうちにだんだんとアニメやアニメーターの仕事の面白さに気づいていきました。特に刺激を受けたのは、さまざまな国や時代に作られたアニメーションを見る授業。アニメの歴史や奥深さを知ったことで、「アニメーターになろう!」という自覚が自分の中ではっきり固まった、そんな授業でした。それからはアニメ作品を積極的に見るようになりましたし、授業も実習も一層楽しくなりました。

時には先輩にアドバイスをいただくことも

これからかなえたい夢・目標

好きなことを仕事にできているわけですから、今は毎日が充実しています。有名なアニメーターの方にアドバイスをいただいたり、声優さんのアフレコに立ち会ったりできることも、刺激になっています。今の目標は、原画担当にステップアップすること。もうひとつの目標は、効果的な画面づくりのできるアニメーターになることです。私はアクションより日常芝居が好きなので、日常の空気感をうまく描けるようになりたいですね。アニメーターを目指す後輩のみなさんにアドバイスするとしたら、実写を含めいろいろな作品を観てほしいということ。普段から物がどう動いているのか、なぜそういうふうに動くのかを観察することを大切にしてほしいですね。

描く以外のお仕事も。どんな経験も成長に繋がります

田口 麻美さん

(株)テレコム・アニメーションフィルム 勤務/アニメーション科/2013年3月卒/専門学校時代は、原画・動画はもちろん、仕上げや撮影といったアニメーションの最終工程まで幅広く学んだという。卒業制作では、アニメーション作品において、カットごとのキャラクターの絵柄を統一するキーマンである「作画監督」を担当。作品全体に関わるポジションとして、仲間たちと一つの作品を作り上げる充実感や喜びを実感したと、思い出深く振り返る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京工学院専門学校(専修学校/東京)