• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坂本 圭司さん(CGクリエーター科/CGアニメーター)

3ds Maxでリアルな表現に挑戦

先輩の仕事紹介

見た人が息を呑むような世界観をモデリングで作り上げたい

CGアニメーター
CGクリエーター科/2014年3月卒
坂本 圭司さん

この仕事の魅力・やりがい

遊技機のCG映像の制作のほか、3DCGアニメーションのキャラクターのモデリングなども担当しています。多く手掛けているのはメカ系のCG。仕様書をもとにしながらも、自分のアイデアが必要な箇所もあり、そこは腕の見せ所です。特に架空のメカとなると、創造力を働かせることが欠かせません。「このパーツにはどんな意味があるのだろう」などとイメージを膨らませたり、細部までこだわることで、作品や世界観、存在が、よりリアルになっていく手ごたえがあります。今は、その道のプロが見ても納得していただけるようなCGを作ることが目標。いずれはキャラモノに挑戦したり、自社の中で「モデリングなら坂本だ」と言われるような存在になりたいです。

学校で学んだこと・学生時代

高校卒業後にアプリ開発を手伝うことになった時期があったんです。でも、想像以上にソフトの操作が難しく、奥深い。「さらに知りたい」と興味が沸いてきて、本格的に学ぶために東京工学院専門学校へと入学しました。在学中は学校の設備や施設をフル活用して制作に打ち込んだのはもちろん、ソフトや機材を自分で買い込んで自宅でも制作できる環境を整えました。1年夏にはポートフォリオを作ったり、他校の卒業展を見に行くなど、どんどん視野を広げていきました。スキルアップを図りながらも早い時期から就職活動に取り組んだ甲斐があり、1年の冬にはアニメーション制作会社に就職が決定。在学中からプロの現場で働き始めました。

学生時代に磨いた技術とセンスが仕事の基礎です

分野選びの視点・アドバイス

学生時代に色々な経験を積むことをお勧めします。見たいものを見て、行きたいところへ行く。そうすることで自分の中の引き出しが増えますし、その経験や体験は作品を作る上での大きな武器になります。架空の生き物を作るなら爬虫類の骨格や鳥類の翼を徹底的に調べるような、モデリング以外の武器や引き出しと言えるものをどんどん増やしていきましょう。就職するとまとまった時間を確保することが難しくなりますから、ぜひ学生時代から視野を広げ、様々なことに興味を持って、吸収してほしいですね。もちろん、観察する力や表現する力は大切ですから、デッサンをしたり絵を描いたり、パソコンに向き合う時間以外も大切にしてほしいです。

他部署のスタッフと綿密に打ち合わせ

坂本 圭司さん

(株)ギャラクシーグラフィックス 勤務/CGクリエーター科/2014年3月卒/もともと美術系の分野を志望していたという坂本さん。高校卒業後、絵を学んでいた時期があり、コップや花瓶、動物の頭蓋骨模型などのデッサンを繰り返したことで、モノを見る視点を養うことができたと振り返る。東京工学院でも選択授業でデッサンを選択。CGだけでなく手で絵を描くスキルも磨いた。1年次にアニメーション制作会社に就職が決まり、2年間働いた後、現在の(株)ギャラクシーグラフィックスに転職。さらなるスキルアップ、ステップアップを目指す。趣味は映画鑑賞やGPS連動型ARゲームをすること。運動不足解消として会社帰りに徒歩で帰宅することもあるそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京工学院専門学校(専修学校/東京)