• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京自動車大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小島 悠哉さん(自動車整備科 1級整備士コース/自動車整備士)

東京都認可/専修学校/国土交通大臣指定/東京

トウキョウジドウシャダイガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

整備士の父のように技術で「ありがとう」と言われたい

先輩の仕事紹介

教科書だけでは難しい1級自動車整備士の電気回路の問題も実習車を使った学びで合格

自動車整備士
自動車整備科1級整備士コース/2016年3月卒
小島 悠哉さん

この仕事の魅力・やりがい

念願だった神奈川県最大級のディーラーである神奈川トヨタに自動車整備士として入社。現在は3ヶ月間の新人研修中です。新入社員が一同に集まるトヨタのトレーニングセンターでは、社会人としてのマナーや立ち居振る舞い、接客や安全作業についてなど、基礎的な部分を学んでいます。研修中には数日間、配属先の店舗での実務も経験。作業中の騒音の中でも整備士同士で意思疎通ができる大きな声の出し方やサインの出し方、お客様からの電話対応、店頭での接客対応など、在学中に学んだ内容を現場で再確認することができて嬉しかったです。もうすぐ新人研修も修了。スタッフの一員として店内に写真が提示されて、現場に出られる日が待ち遠しいです。

学校で学んだこと・学生時代

平成14年度から開始された1級自動車整備士の国家試験。自動車整備士を目指す上で一番上の国家資格を取得したかったので、専門学校の中でもいち早く1級の資格取得に向けて取り組んでいる印象を受けた東京自動車大学校を選びました。1級の試験は2級と比べて電気回路についての問題が多く、教科書だけではどうしても理解できないこともあります。そんな時は先生が「実際に車を使ってみよう!」と言ってくださり、実習車を使って電気回路の波形を確認できてやっと理解することができました。1級対策の授業は4年次の後半から卒業式後まで続き、卒業後のGW中には口述試験対策まであったので、安心して試験に挑むことができました。

学校で最新の設備に触れた経験が現場で役立っています

これからかなえたい夢・目標

父が自動車整備士として小さな町工場を経営しており、幼少期からずっと働く大きな背中を見てきました。修理をしてお客様から「ありがとう」と感謝されている父の姿が誇らしくて「自分もこうなりたい!」と憧れたのが、この道を選んだきっかけです。実際に就職して現場に出てみると、先輩の自動車整備士の皆さんの技術力の高さにまず驚きます。緊急のご来店があっても冷静に素早く対応する姿には感動しました。いつか尊敬する父や現場の先輩方に追いつき、追い越したいですね。まずは自動車整備士として一人前になって、将来的には神奈川トヨタ独自の資格の最高峰である「エキスパートエンジニア」を目指してがんばりたいです。

現場はチームワークが大切。先輩も気さくで明るいです

小島 悠哉さん

神奈川トヨタ自動車株式会社・大和店勤務/自動車整備科1級整備士コース/2016年3月卒/町工場を経営する父の影響で自動車整備士を志した小島さん。もともと大好きな自動車メーカーや車種がたくさんあったため、メーカー校ではなく、たくさんの車種にふれて1級自動車整備士を目指せる東京自動車大学校に進学したそう。学校求人にあった神奈川トヨタ株式会社には、県下のディーラーの中でも企業年金がある充実した福利厚生に魅力を感じて入社。新人研修期間中、1級小型自動車整備士<国>試験にも見事合格。経験豊富な現場の先輩たちに見守られながら、念願だった自動車整備士としての第一歩を踏み出した。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京自動車大学校(専修学校/東京)