• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京誠心調理師専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山崎 功貴さん(調理師科2年制/調理師)

料理を美味しく作りたいという探求心から調理の道へ

先輩の仕事紹介

自分が作った炒飯をホテルでお客さまに提供できるようになることが今の一番の目標です

調理師
調理師科2年制/2019年卒
山崎 功貴さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

憧れだったロイヤルパークホテル「中国料理 桂花苑」に就職を実現し、現在は作業効率を考えながら仕事を完璧にこなせるよう日々の業務に取り組んでいます。覚えることが多くて大変ですが、先輩方から褒められ、叱られながらも与えられた仕事をクリアできて新しいことを教えてもらえる瞬間は、自分自身の成長が実感できて嬉しいです。食べることも、調理することも大好きで惚れ込んで進んだ中国料理の世界。いつかは自分が作ったチャーハンをお客さまに提供できるようになることが今の一番の目標です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の頃からいつも仕事で遅くなる両親に代わって家族のために料理を作ることが多かったので、味付けやいろいろな調理方法について自然と面白さを感じていました。高校時代に進路を選択するタイミングで改めて自分の将来を考えたときに料理人として働く自分の姿を想像して「これだ!」と思い、料理の道へ進むことを決意。東京誠心のオープンキャンパスに参加して名だたるレストランやホテルで長年、活躍されてきた先生方の技術を間近で学べることを知り「ここなら料理人としての腕を磨ける!」と思い進学を決めました。

調味料の配置や補充なども先輩方から指示を受けます

学校で学んだこと・学生時代

現場で第一に必要となるのは、社会人として、料理人としてのしっかりとした礼儀作法。登校時や授業前の挨拶や礼儀に関する厳しいご指導は社会に出た今だからこそ、ありがたみを実感しています。学園祭での調理では現場でのスピード感も体験できました。入学当初は西洋料理に興味があったのですが、学ぶうちに調理方法が複雑で奥深い中国料理に惹かれました。東京誠心は調理技術技能評価試験の会場にも指定されており、料理実習室に中華台などのプロ仕様の設備が充実している環境の影響もあったかもしれません。1年次に和・洋・中の基礎を学んでから、2年次から好きなジャンルの専攻コースを選べたのも東京誠心ならではの魅力です。

北京ダックのカットや盛り付けはスピードアップが課題

山崎 功貴さん

株式会社ロイヤルパークホテル 調理部 中国調理課(桂花苑)勤務/調理師科2年制/2019年卒/子どもの頃から仕事で忙しかった両親の代わりに自宅で料理を作ることが多かった山崎さん。子どもながらに美味しい料理を作ると家族が笑顔になってくれることが嬉しかったそう。「料理をもっと美味しく作りたい!」という味や技術への探求心から調理師を目指して東京誠心へ進学。第一線で活躍する先生の指導により四千年の歴史を誇る中国料理の世界と出会い魅了される。万全の就職サポートもあって第一志望の株式会社ロイヤルパークホテルへ就職。調理や提供がスムーズに進むよう気を配り、日々のスキルアップを積み重ねている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京誠心調理師専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT