• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 平木 将さん(臨床工学科/臨床工学技士)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウデンシセンモンガッコウ

検査より治療に携われる点に仕事の魅力を感じました

先輩の仕事紹介

臨床現場で、高度化する医療機器のスペシャリストとして成長し続けたい

臨床工学技士
臨床工学科/2015年3月卒
平木 将さん

この仕事の魅力・やりがい

東京慈恵医科大学附属病院のICU(集中治療室)で臨床工学技士として勤務しています。担当業務は生命維持管理装置の保守点検や操作、術前カンファレンスから術後にICU入室する患者様の受け入れ対応など多岐にわたります。日進月歩で進化する医療とともに、医療機器の高度化も進んでいます。これらの多種多様な医療機器は適切な操作と日頃の保守点検がなければ、安全かつ効果的な治療は成立しません。ひとつの操作ミスで患者さんの生命や健康はもとより、部門、病院全体の信用問題にもつながります。責任重大な仕事ですが、在学中に学んだことを臨床で滞りなく実施した上で患者さんが快復し、無事にICUを退室されたときはやはり、嬉しいものです。

学校で学んだこと・学生時代

臨床工学科では中間、期末試験だけではなく3年次には模擬試験、学内テストと実施回数と教科数が多く、当時はそのすべてをクリアしていくことが大変だと感じていました。しかし、高校時代の一般科目の授業とは違い、自分自身で「学びたい」と思って選んだのが臨床工学技士の道。勉強で少し息詰まったときには同じ目標を持つ仲間たちとその都度、教えあったり、親身な先生方に質問することが楽しくて、そんな時間のすべてがとても充実していました。臨床工学技士は医療機器のプロとして、患者さんの健康や生命に関わる仕事。今では在学中の学びの苦労は当然だと思っていますし、実際に当時、一生懸命学んだ知識や技術が臨床で役立っています。

医療は日進月歩。医療機器のプロは臨床に不可欠です

分野選びの視点・アドバイス

臨床で医療機器の操作・保守点検をするにあたって、基本的なマニュアルの構成、根本的な原理、目的をしっかりと把握しておくことはとても大切です。それを修得するためには何よりもまず医療機器を実際に観察し、ふれる機会をたくさん持つことが重要。臨床工学科にはそれを実践できる最先端の設備が整っています。そうした環境をフル活用した豊富な学内実習のおかげで机上の知識だけではなく、臨床でも役立つ実践的なノウハウを身に付けることができました。とくに臨床工学技士<国>に臨床で求められる体外循環(人工心肺)については驚くほど掘り下げた内容のカリキュラムがあり、さらに専門性を深めたい、という想いにつながりました。

在学中に最新の医療機器にふれた経験が生きています

平木 将さん

東京慈恵医科大学附属病院 臨床工学部勤務/臨床工学科/2015年3月卒/入職後の1年目は臨床工学部内のローテーションで機器運用、手術部、血液浄化、集中治療とすべての業務を経験し、現在はその中のICU(集中治療室)の業務を中心に担当している平木さん。勤務先が大学病院であるため臨床工学技士<国>として覚える業務内容も多岐に渡るが、念願だった患者さんの臨床に関わる仕事にやりがいを感じているそう。「これから手術部業務への異動も予定されており、まずはその日常業務を1人で任せてもらえるように知識、技術を身に付けたいです。その後は、少しずつ人工心肺業務へと関わっていきたいですね」と今後の抱負を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京電子専門学校(専修学校/東京)