• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小方 聡子さん(こども学科/保育士)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/東京

トウキョウフクシホイクセンモンガッコウ

毎日、子どもたちからたくさん元気をもらいます。

先輩の仕事紹介

「小方先生のようになりたい」と園児に思ってもらえる保育士をめざしています

保育士
こども学科/2011年3月卒
小方 聡子さん

この仕事の魅力・やりがい

なんといっても子ども達の笑顔が、仕事のやりがいにつながっています。運動会や発表会などのイベントの際、はじめはできなかったことが練習を積み重ねるにつれて徐々にできるようになり、目的を達成したときの自信にあふれる子ども達の笑顔を見たときは、保育士になって本当によかったと心から思います。子どもってすさまじく成長が早く、昨日できなかったことがもう今日できている場面がよくあるんですよ!また、私は絵を描くなど手を動かしてものを制作することが好きなのですが、自分がつくったおもちゃで楽しんで遊んでいる姿を見たときや、「またやりたい!」と言ってもらえるとやはり嬉しいですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私の幼稚園時代の担任の先生がとても優しくて大好きだったことから憧れを抱き、高校時代に保育園へボランティアへ出かけました。0歳~5歳までさまざまな年齢の園児がいる環境のなかで毎日のびのびと過ごしている姿を見て、将来は自分も保育園で働きたいと思うようになり、保育士をめざすようになりました。現在勤めている保育園は近くに里山があり、園児は自然とふれあいながらすくすくと成長しています。子どもと接することで自分の至らない点に気づくことも多く、今後も知識と技術を身につけていきたいと思っています。幼い頃に私が抱いた思いのように「将来は小方先生のようになりたい」と思ってもらえるような保育士をめざしています。

子どもたちから学ぶ事も多く、自分の成長へも!

学校で学んだこと・学生時代

オープンキャンパスに訪れた際、在学生と先生が冗談を言い合って仲が良さそうにしていた姿を見て、のびのびと保育を学ぶことができそうだと思い入学を決めました。授業は、先生からの講義を一方的に聞くのではなく、質疑応答をしたり少人数のグループで話し合いをしたりしながら楽しく進みます。高校生の頃は消極的だった私ですが、このような授業形態のおかげか、卒業時には人前で話をするのが自然と苦にならなくなりました。それから、併修制度を利用して東京福祉大学短期大学部のカリキュラムも履修することで、幼稚園教諭2種免許も取得。資格取得のために学んだことは、現在とても役立っています。

学生時代に学んだことが実際の保育に役立っています

小方 聡子さん

社会福祉法人八晃会 宝光保育園 勤務/こども学科/2011年3月卒/幼稚園時代の担任の先生に憧れ、子どもと関わる仕事に就きたいと思うように。専門学校では、保育士、レクリエーション・インストラクター、短大では幼稚園教諭2種免許、社会福祉主事任用資格のあわせて4つの資格を得る。レクリエーション・インストラクターは保育士のなかでも資格を持っている人が多くはないものの、コミュニケーションに関する知識や実際の遊び方など、学んだことは現在とても役に立っていると語る。現在は入園3年目。3歳児32人のクラスを担当している。「今日も保育園は楽しそうだ」と園児に思ってもらえるよう、できる限り笑顔でいることを心がけているという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京福祉保育専門学校(専修学校/東京)