• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小林 裕子さん(こども学科/保育士)

「楽しい保育」をモットーに保育士として頑張っています

先輩の仕事紹介

時には家族よりも長い時間をこどもと過ごす保育士。園児との絆は宝物です!

保育士
こども学科/2015年3月卒
小林 裕子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

神奈川県にある中央林間もりのこ保育園で、1歳児のクラスを担当しています。もりのこ保育園では「遊び」を通して運動能力や身体意識を高める「ムーブメント教育」に力を入れていて、こども達と一緒に駆け回ったり、歌を唄ったり、たくさん身体を動かして毎日を過ごしています。入園当初はお父さんお母さんと離れたくないとわんわん泣いていた子も、次第に「先生!」と笑顔で登園してくれるようになる…そんな一つひとつの成長がすごく嬉しい瞬間です。朝のお迎えから遊びの時間、給食、お昼寝と、時には家族よりも長い時間を一緒に過ごす保育士。日々こども達との絆を積み重ねていける、とても素敵な仕事だと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母親が保育園で働いていたことから、普段から保育士の大変さや楽しさを聞く機会が多く、段々と保育士っていいなという想いが大きくなったんです。高校生になり将来の進路を本格的に考えはじめた時にも、保育系を中心に色々な学校のオープンキャンパスに参加しました。その中で学校選びのポイントになったのは、東京福祉保育専門学校の「体験授業」です。初対面の高校生同士のグループですごく緊張していたのですが、先生方がしっかり学生に向き合ってくれる温かい雰囲気があり、安心感があったことを覚えています。何百人も学生がいる大規模な学校ではなく、少人数のアットホームな校風が自分に合っていると感じて入学を決めました。

一人ひとりの個性に合わせた保育を心がけています

学校で学んだこと・学生時代

学生時代で印象深いのはピアノの授業です。入学前はまったくの初心者で片手でピアノを弾くレベルでしたが、丁寧に指導していただいたことで、今では楽譜を見ずに「朝の歌」や「帰りの歌」を弾けるようになりました。週1回の授業でしたが、授業の中でしっかり個別指導があり、出来ないまま終わるということはありません。限られた授業の中でも濃い指導をしてもらえたことで、すごく成長できたと感じています。就職活動の際も就職担当の先生が私の個性や適性を考えて就職先を紹介してくださり、今の職場の園長と出会うことができました。卒業した今でも文化祭や就職セミナーに参加したりと母校とのつながりがあり、先生方との交流も続いています。

自分自身が「保育を楽しむ」それが一番大切!

小林 裕子さん

中央林間もりのこ保育園勤務/こども学科/2015年3月卒/東京福祉保育専門学校在学中に、保育士、幼稚園教諭2種免許状、レクリエーション・インストラクターの資格を取得した小林さん。保育士となり忙しく過ごす今、学生のうちに資格の勉強を頑張っておいてよかったと実感しているそう。「保育士として5年以上こども達と関わる中で、少しずつ自分自身の成長も実感できています。今後は後輩の保育士も入ってくるので、先輩としての役割も増えてきます。一つひとつ自分のできることを増やしていって、こども達が喜ぶピアノの演奏もさらに上達させたいと思っています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京福祉保育専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT