• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中村 五百香さん(社会福祉科/精神保健福祉士)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

トウキョウフクシセンモンガッコウ

相談者様と向き合うときは、笑顔が基本!

先輩の仕事紹介

日々の仕事を通して、精神的に人を支えていくことの大切さ、必要性を実感しています

精神保健福祉士
医療福祉科PSWコース(現・社会福祉士・精神保健福祉士科)/2012年3月卒
中村 五百香さん

この仕事の魅力・やりがい

準総合病院で、患者様やご家族様からの質問・相談を受け、アドバイスをしています。保険、年金、入院費などお金に関すること、そして、患者様の社会復帰に関するご相談などが多く寄せられますが、相談内容は多岐に渡ります。専門外の相談に関しては、専門機関や役所などにご紹介するなど、つなぎの役割を担うことも多いため、相談内容によってどこに依頼するかを正確に判断しなくてはなりません。まだ入職して1年目なので、未熟な点は多々ありますが、私のサポートによって、相談者様がホッとした表情を見せてくださると、私も自分のことのように嬉しくなります。「ありがとう」という言葉の温かさ、そして重さを実感できる仕事なんです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高3のとき、学校で進路や仕事についての説明会があり、そこで初めて「精神保健福祉士」の存在を知りました。カウンセラーと混同されがちの職種ですが、カウンセラーとは別の角度、さらにはもっと幅広い観点から人を支える仕事だと思い、興味を持ちました。精神保健福祉士という肩書きで仕事ができる職場はたくさんありますが、施設によって仕事内容は異なります。だからこそ仕事選びをする際は、いろいろ調べて、自分がやりたいことと、自分が働きたい環境を追求することが大切だと思います。今後は、精神保健福祉士として活躍できる場が、もっと広がっていくことと思います。幅広いニーズに対応できるよう、私も頑張っていきたいです。

事務処理や電話対応も多い仕事です

学校で学んだこと・学生時代

私が専攻していたコースは4年制。そのため時間にも気持ちにも余裕を持って学ぶことができました。とはいえカリキュラムはとても充実していますし、少人数制できめ細かい指導を受けることができたため、中身の濃い、充実した4年間でしたね。精神保健福祉士の資格取得に関しては、制度改正も多く、私の在学中にも国家試験のために学ぶ科目の変更がありました。でもそんなときも、先生方がすぐに試験に直結するカリキュラムを整えて下さったので、安心して学ぶことができました。当時のクラスメイトたちは、今それぞれの職場でいろいろな仕事をしています。これからもずっと付きあっていける仲間と出会えたことも、学生時代の大きな収穫です。

チームワークも大切。情報交換は頻繁に行います

中村 五百香さん

袖ヶ浦さつき台病院勤務/医療福祉科PSWコース(現・社会福祉士・精神保健福祉士科)/2012年3月卒/袖ヶ浦および周辺エリアには欠かせない409床の準総合病院の、医療情報部に所属。計9名のスタッフとともに日々患者様やご家族からの相談に対応している。精神保健福祉士による相談制度を設けていない病院が多いなか、当院はいち早く制度を導入。「プロに任せることで、より的確なアドバイスが可能になります。私たちも、精神保健福祉士さんたちの活躍にとても助けられているんですよ」、と看護管理者も期待を寄せる。中村さん自身も、「社会福祉士の資格取得にもチャレンジし、より幅広い相談に対応できるよう、成長していきたいです」と意欲を語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京福祉専門学校(専修学校/東京)