• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 埼玉
  • 東武医学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田村 誌緒里さん(臨床検査科/教員)

患者様の生活スタイルなども意識して行う生理機能検査

先輩の仕事紹介

知識や技術は当たり前。それ以上のことを提供できる臨床検査技師の育成を目指します

教員
臨床検査科/2012年卒
田村 誌緒里さん

この仕事の魅力・やりがい

東武医学技術専門学校を卒業後、総合病院で臨床検査技師として勤務し、その後、母校の教員として3年目を迎えようとしています。教員の道に進んだきっかけは前職で携わった新人教育です。「患者様のために臨床検査技師としてどう仕事に向き合えばいいのか」、教えることの難しさを感じながらも後輩の育成に懸命でした。そんな頃教員のお話をいただき、もっとたくさんの臨床検査技師を育てたいと思ったのです。現在、医療機器をとおして患者様の身体を調べる「生理機能検査」を担当。積み上げてきた経験を交え、わかりやすく授業を進めています。学生から“先生の後に続くように頑張ります”。そんな言葉をもらえる瞬間が最大の喜びです。

学校で学んだこと・学生時代

入退院を繰り返す家族の影響もあり、幼い頃から看護師に憧れていました。看護師のほかにも多くの医療系専門職があることを知ったのは高校生のとき。自分に向いている職種は何だろうと悩んだ末、東武医学技術専門学校で臨床検査技師になることを決めました。医療の現場を経験されている先生から教わることで仕事をしている自分自身の将来の姿がイメージでき、安心して学ぶことができました。また、本格的な実習は2年次から始まり、興味のあった「生理機能検査」の実習は、もっと知りたいとワクワクしたことを思い出します。専門知識や技術の習得は当たり前。授業をとおして、そのほかにも患者様への対応力が重要であることに気づかされました。

自身の経験を踏まえたわかりやすい授業を実践!

これからかなえたい夢・目標

生理機能検査では、直接患者様の身体にふれて検査を行います。患者様との会話の中でのさりげないひと言にも病気のヒントが隠されている場合があり、聞き逃すことはできません。臨床検査技師には、患者様と医師・他職種をつなぐ重要な役割があるのです。だからこそ、患者様のことを第一に考える、広い視野と熱意をもった臨床検査技師になってほしいと願い、日々、授業を行っています。臨床検査技師国家試験のための勉強には終わりがなく、覚えることも膨大です。勉強に関するサポートはもちろん、目標とする国家資格に全員が合格できるよう学生の個性を把握して対応をするなど、一人ひとりと向き合い、きめ細かな指導を心がけています。

体験入学では様々な実習を体験できます!

田村 誌緒里さん

東武医学技術専門学校/臨床検査科/2012年卒/数ある医療系の専門職の中から、親友のアドバイスを参考に選んだのが臨床検査技師。東武医学技術専門学校を卒業し、総合病院に勤務した田村さんは、縁あって母校の教員として後輩の育成に力を注いでいる。「この学校の先生のようになりたいという気持ちをもっていた私は、その思いが現実となり、今、教壇に立っています。医療現場では患者様から学ばせていただいたことが多くあり、その学びを日々の授業や学生指導の際に活かしながら教育にあたっています。病院で勤務した経験が学生たちの学びに役立つように、全力でサポートしていきたいです。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東武医学技術専門学校(専修学校/埼玉)