• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 埼玉
  • 東武医学技術専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 伊藤 恵子先生(教員)

埼玉県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/埼玉

トウブイガクギジュツセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

医療現場で「すぐに役立つ臨床検査技師」を育てている先生

教員
臨床検査科 
伊藤 恵子先生
先生の取組み内容

私が専門としている血液検査学とは、血液を採取して血中に存在する血球(白血球、赤血球、血小板等)の細胞を顕微鏡で観察し、ミクロの世界を追究していく学問です。この小さな世界には驚くほどの臨床情報が詰っており、血液は多くのことを教えてくれます。私たち臨床検査技師は、正常と異なる血球を見つけ出し、ドクターに報告するのが仕事です。血球を顕微鏡で観察するためにまず行うのが血球の染色です。その結果、正常と異なる血球が存在していると何か疾患があるというサインになり、さらに精査するために特殊染色を行います。血液学は血球を取り扱う学問。私は赤血球・白血球・血小板の疾患および凝固までを学生に教えています。授業はもちろん、補習や個別指導をとおして国家試験合格までをサポートしていきます。

「ミクロの世界が教えてくれる」。臨床検査技師の魅力は、患者さんのためにミクロの世界と会話することです

授業・ゼミの雰囲気

医学は日進月歩。基礎をしっかり学び、応用力そして「豊かな人間性」をもった学生を育てるのが目標です

人の命を預かる臨床検査技師の国家資格取得は簡単ではありません。東武医学技術専門学校の3年間で国家試験合格のためのサポートはさまざま行いますが、常に心掛けているのは卒業後、すぐに現場で役立つことを教える。そして、応用力を発揮できる基礎力を徹底的に身につけてもらうことです。入学直後から医学用語など覚えることはたくさんありますし、これらを覚えなければ以降の専門的な授業についていけません。本校で専門知識を身につけ「一緒に働きたい」と思ってもらえる、人間的にも魅力ある人に成長できるように指導しています。

「検体の向こうに患者さんが待っている!」。この言葉を学生に常に意識させるようにしています

キミへのメッセージ

「この学校で学んでよかった!」。そう思える日が、必ずやってくるはずです

臨床検査技師の国家資格取得は簡単ではありません。でも苦難を乗り越えた先には、乗り越えた人にしかわからない充実感や達成感が待っています。同じ目標をもった仲間と支え合い、励まし合いながら共に学びましょう!

学園祭や球技大会のイベントをはじめ同好会活動をとおして人間力を養い、コミュニケーション能力を高めます

伊藤 恵子先生

東武医学技術専門学校卒業後、森川病院にて臨床検査技師として勤務。その後、本校着任の傍ら放送大学教養学部にて学び、2003年学位を授与。肥満予防健康管理士の資格も取得し、2019年度は1年生担任として学生の教育に従事。
公益社団法人 埼玉県臨床検査技師会理事。臨床検査技師会は、学会・研修会をはじめ多方面で活動しており、東武医学技術専門学校では学会での研究発表や研修会に学生が参加し、意識高揚に努めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東武医学技術専門学校(専修学校/埼玉)