• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園音響専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小松崎 剛さん(音響技術科/PAエンジニア)

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンオンキョウセンモンガッコウ

アーティストが演奏しやすい環境を整えることも大切。

先輩の仕事紹介

アーティストが出すそのままの音を観客に届けることを心がけています

PAエンジニア
音響技術科/2004年卒
小松崎 剛さん

この仕事の魅力・やりがい

いつも心がけているのは、アーティストが出すそのままの音を観客に届けること。リハーサルのときはミュージシャンの横に立って、アンプやドラムなどの“生音”をよく聞いてみるんです。そのうえで彼らと会話をするとナチュラルな音のイメージがつかみやすいし、それをいかにマイクでとらえ、忠実に再現するかをまず考えますね。数年前からPAミキサーのチーフとして上に立つことが多くなって、仕事への考え方が変わりました。会場の音作りでメインを張るのはもちろん、機材のプランニングや予算管理をまかされるなかで、リーダーとしての責任感や、次の世代に仕事の道筋を残していきたいです。

業界ココだけ話!

モニターミキサーとして携わったライブは、高橋優、GRAPEVINE、Charなど。アーティストがステージ上で聴く音の調整をするのがモニターミキサーの役割なので、演奏しやすい環境を整えることが第一。最近はスピーカーではなくイヤフォンが増えているので、音量の上げすぎに注意したり、人によっては歌とドラムだけにして返す音の情報を絞り込んだりと気を使うようにしています。

学校で学んだこと・学生時代

PAミキサーをめざすにあたって、東放学園在学中には、企業研修を利用して、ツアーもまわっていました。今思うと“まず現場に飛び込んで、疑問に思ったことは学校に戻って確かめる”という反復がすごく役に立ったと思います。現場では新人がミキサーをいじれるチャンスなんてないけど、学校でならホールを借りて最新機材で実習までできちゃう。僕だってもう1回通い直したいくらいです(笑)。

小松崎 剛さん

(有)セプト・ワン 勤務/音響技術科/2004年卒/コンサート会場で音響機材を操るPAエンジニアとして活躍。おもな担当ライブ・コンサートツアーは、高橋優、亜沙、GRAPEVINE、Char、感傷ベクトルなど。近年は、チーフPAとして、機材のプランニングや予算管理も任されるなかで、リーダーとしての責任感が高まったという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園音響専門学校(専修学校/東京)