• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園音響専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 酒井 水緒さん(音響芸術科/コンサート制作)

アーティストの思いを実現していく仕事です

先輩の仕事紹介

ライブの大歓声が私たちのゴール。だからこそ、次も頑張れる

コンサート制作
音響芸術科/2018年3月卒
酒井 水緒さん

この仕事の魅力・やりがい

簡単に言うとアーティスト側が思い描く「こんなコンサートツアーをやりたい」を実現する仕事です。彼らの要望をもとに、決められた予算のなかで計画を立てて、さまざまな部門の橋渡しとなって、リハから本番までを支えていくポジションですね。私の役割は、ツアーチームの宿泊先や移動の段取り、食事の手配からバックステージパス作りにいたるまで、細かな業務がたくさんあります。これまでに倖田來未さんをはじめ、さまざまなアーティストに携わってきたのですが、ひとつのツアーが終わったときの達成感は本当に大きいです。お客さんの大歓声を聞くと「よかったな」と思えるし、その感動があるからこそ、次も頑張れるんですよ。

学校で学んだこと・学生時代

「場数はたくさん踏もう」という気持ちで、とにかくライブの現場に出ていました。学校の紹介でフェスのスタッフをしたり、コンサートの仕事をされている先生に「何か手伝うことないですか?」と自分から願い出て、ライブの舞台裏に入らせてもらっていましたね。

分野選びの視点・アドバイス

高校時代にチームシンデレラに参加し「シンデレラフェス」などの企画・運営等を経験してやりがいを感じました。コンサート制作は、人を喜ばせる事が好きな人が向いていると思います。ライブ以外にもサーカスとかミュージカルとか、いろいろなエンターテインメントを見て、幅を広げてセンスを磨いてください。

酒井 水緒さん

エイベックス・エンタテインメント(株)勤務/音響芸術科/2018年3月卒/当日は、アーティストが万全の姿勢で本番にのぞめるよう、快適な環境を作ることも酒井さんの役割。「楽屋に用意する食事ひとつとっても、ご本人の好き嫌いをマネージャーから聞いておくなど、きめ細かな対応を心がけています」。倖田來未の全国ツアーは入社1年目に担当。「ステージの演出はすべて倖田さん自身が手がけたもの。楽曲を知らない人でも楽しめる最高のエンターテインメントショーでした」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園音響専門学校(専修学校/東京)