• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 児玉 黎峰さん(照明クリエイティブ科/照明スタッフ)

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンセンモンガッコウ

ジャンルごとにふさわしい照明を心がけています

先輩の仕事紹介

バラエティでは明るく鮮やかに、ドラマではライティングで人物の心情を表現します

照明スタッフ
照明クリエイティブ科/2005年3月卒
児玉 黎峰さん

この仕事の魅力・やりがい

ドラマでは各場面をバラバラに撮っていくので、シーンごとの「明かりのつながり」を第一に考えます。怖いシーンだったら顔半分に明かりを当てるとか、台本を読み込んで人物の心情をライティングによって表現するのも僕らの役目です。バラエティは明るく鮮やかに。芸人さんが動きまわっても影が出ないよう、均一な明かりが基本です。最も印象に残っているのは「海の上の診療所」(フジテレビ系)ですね。瀬戸内海の島々を巡って二カ月半続くロケはかなり苦労しました。とはいえ、キレイな景色の中での撮影は気持ちよく、映像に残るとやっぱりいいですよね。ドラマ撮影は長い期間を同じチームで過ごすだけに、作品への思い入れもみんな大きいです。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代に努力していたことはいろいろあります。照明はとにかく機材の種類がいっぱいあるので、それは覚えようと思っていました。また、照明の仕事に欠かせないのが電気の基礎知識。安全面に関わることだから、学生のうちにしっかり学んでおくことが大事ですね。

分野選びの視点・アドバイス

この世界をめざすなら、さまざまな映像作品やライブの照明を観ることはもちろん、自然の光にも意識を向けてください。改めて見ると「月明かりってこんなに明るいんだ」「夕日ってこんな色なんだ」といろいろな発見があると思いますよ。

児玉 黎峰さん

(株)フジ・メディア・テクノロジー 勤務/照明クリエイティブ科/2005年3月卒/テレビ照明のスタッフとして、今まで数多くの番組を手がけてきた児玉さん。「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)では、児玉さんの技術が評価され、第35回照明家協会賞優秀新人賞を受賞。舞台となったレストランは、外観は外ロケ、室内はスタジオで収録したそう。「それぞれで明るさの違和感が目立たないように気を配った」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園専門学校(専修学校/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路