• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 萱津 卓さん(照明クリエイティブ科/コンサート照明)

感性と機材の知識を総動員して光を作る

先輩の仕事紹介

感性と機材の知識を総動員し、「120点」の明かりをめざしています

コンサート照明
照明クリエイティブ科/2015年3月卒
萱津 卓さん

この仕事の魅力・やりがい

おもに担当しているムービングオペレーターとは、照明の光や色、動きを自在に制御できるムービングライトを扱う仕事です。照明プランナーの指示のもと、そのコンサートにふさわしい機材を選び、ライトの動きをプログラムしたり、本番中は調光卓のスイッチを曲調に合わせて叩き、明かりをコントロールしていきます。照明プランナーのイメージをくみ取って、どのライトをどう動かすかはオペレーターの腕次第。感性と機材の知識を総動員して、「120点」の明かりをめざしています。

学校で学んだこと・学生時代

照明のアルバイトを5社くらいやっていました。現職の会社も2年の夏ごろからアルバイトを始め、東放学園OBでもある梶浦直政先輩(91年度卒)の素晴らしいライティングを目の当たりにして、「この会社しかない!」と自分からアプローチしたんです。

分野選びの視点・アドバイス

東放学園は、やる気があれば、しっかりチャンスを与えてくれる学校。貴重な2年間を有効に過ごして欲しいです。

萱津 卓さん

PRG(株) 勤務/照明クリエイティブ科/2015年3月卒/「簡単に多彩な効果が出せるムービングライトだからこそ、小細工せずに、しっかりアーティストを見せる明かりをつくりたいです」と萱津さん。一方、照明プランナーを務めるときには、会場にある一般照明とムービングをうまく組み合わせるなど、どんな現場でもいい明かりをつくることを目標としているという。毎年恒例のアニメミュージックイベント「ANIMAX MUSIX 2019」も担当し、好評だったそう。「本番の60曲をふたりがかりでオペレートしています。展開が細かいアニソンに対して、どれだけ絞り込んだ明かりをつくれるかがポイントです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園専門学校(専修学校/東京)