• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松崎 秀峰さん(放送芸術科/ディレクター)

主にバラエティ番組のVTRを演出しています。

先輩の仕事紹介

“毎日違う”それがテレビの仕事の面白さ

ディレクター
放送芸術科/2006年卒
松崎 秀峰さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ディレクターとして『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)などおもにバラエティ番組のVTRを演出しています。2年ほど前からは『炎の体育会TV』( TBS系)で、チャレンジ企画の演出なども担当。

業界ココだけ話!

演出のこだわり点は、サッカーの的当てなどのチャレンジ企画では、準備段階で何度もシミュレーションします。簡単にはクリアーできないけれど、一方ではパーフェクトも出るような、ちょうどいい設定をみつける必要があります。「的に当てる」「走る」といった根本的な企画自体を変えず、ちょっと違うルールを付け加えるなど、毎回新しさを感じてもらう努力もしています。また、VTR作りで大切にしている事は、その場の空気感をいかに伝えるか。『炎の体育会TV』は、対決に向かうアスリートの緊張感を感じる為に、あえて「間(ま)」を残した編集で息づかいを伝えたり、本人からポロッともれる本音のコメントを逃さず撮影する様にしています。

分野選びの視点・アドバイス

純粋にテレビが好きだったというのもあるし、デスクワークじゃなくて「毎日違うことをしたい」と思ったんです。今、実際にそうなっているし、海外ロケでは一生行かないような場所にも行けたりして、いろいろな世界を知ることができるのは本当に楽しいですよ。後輩たちには「番組のネタをまかされるまではがんばれ!」といいたいです。そこまで続ければ、この仕事の面白さがどんどん見えてきますからね。

松崎 秀峰さん

フリーランス/放送芸術科/2006年卒/おもな仕事・作品・番組は、TBS系[炎の体育会TV]、テレビ朝日系[ザワつく!金曜日]、TBS系[キングオブコント2020]を担当。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT