• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東放学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 戸田 菜緒さん(照明クリエイティブ科/テレビ照明)

多彩な明かりのテクニックでドラマの心を照らし出す

先輩の仕事紹介

たくさんの人が関わる仕事の面白さを、日々実感しています

テレビ照明
照明クリエイティブ科/2020年卒
戸田 菜緒さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の最終回でエンドロールに名前が出たときはうれしかったですね。テロップが流れるのが速いので、録画を巻き戻して家族でチェックしました(笑)。はじめてドラマ班として加わった作品なので、たくさんの人が関わるこの仕事の面白さをあらためて感じましたね。

業界ココだけ話!

ドラマ照明は、スタジオで昼・夜などその場面にふさわしい明かりをつくるとともに、ドラマの雰囲気やシーンごとの心情を表現していくのも大切な役割です。たとえば、悪役が出てくるシーンなら顔半分を照らす“片明かり”で不気味なイメージに。女優さんをかわいく見せるなら、瞳に光を入れる“アイキャッチ”でキラキラ感を出すといった感じですね。照明はチームでの作業で、4人一組で動くことが多いです。私はまだ駆け出しの4番目なので、機材の管理やセッティングがおもな仕事。早く一人前になって、撮影の場でライティングを提案できる照明スタッフになりたいです。

分野選びの視点・アドバイス

「照明って大変そうだ」とビクビクしてる人もいるかもしれませんが、毎回やることが違うから飽きないし、結構楽しい世界ですよ。ぜひ怖がらずにめざしていただきたい(笑)。一緒にがんばりましょう!

戸田 菜緒さん

(株)TBSアクト 勤務/照明クリエイティブ科/2020年卒/ドラマ照明としてこれまでに『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)、『ドラゴン桜』(TBS系)に携わる。『ドラゴン桜』は戸田さんが照明として関わったふたつめのドラマ。「やわらかな雰囲気のラブストーリーとはひと味違う、日曜劇場ならではの固めで落ち着いた照明に注目してください!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東放学園専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT