• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東北文化学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐々木 美穂さん(インテリア科/インテリアコーディネーター)

先輩の仕事紹介

色の選択一つで印象が一変!インテリアコーディネーターは「好き」を追求できる仕事!

インテリアコーディネーター
建築デザイン学科インテリア科/2018年3月卒
佐々木 美穂さん

この仕事の魅力・やりがい

自社モデルハウスの内装設計や造形家具の商品開発・設計、先輩社員のアシスタント業務など、コーディネーターとして家づくりに携わる仕事をしています。自分が「やってみたい」と思ったことは、どんどんやらせていただける環境なので、積極的に社内アプローチをして様々な仕事を経験させてもらっています。内装や家具の色一つで仕上がりの印象が大きく変わる。それがコーディネートをすることの面白さでもあります。注文住宅では、お客様が思い描いているイメージをしっかり汲み取り、それをインテリアに落とし込むことを心がけています。お客様に「希望が叶った」と喜んでいただけることがやりがいにつながっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校を卒業してから、実は一度、東京の大学へ進学したのですが、改めて自身の将来を考えた時に「資格を武器にして、自分のやりたいことや、好きなことを日々追求しながら仕事をしたい」と思うようになりました。東京で生活していた当時、一人暮らしをしており、家具やインテリアに興味を持ち始めてインテリアショップへよく足を運んでいる自分にふと気が付きました。自分の好きなこと、やりたいことが明確になってきて、その頃から、インテリアコーディネーターを志すようになりました。インテリアを学べる学校を比較検討する中で、地元山形での就職に強かったこともあり、東北文化学園専門学校の進学を決めました。

分野選びの視点・アドバイス

学生時代に資格の取得に力を入れたことが、現在の仕事にも役立っていると思います。1年生の時は、合格者全体に専門学校在学生が3.5%程度といわれる難関資格「インテリアコーディネーター」試験に合格。他にも、色彩検定・販売士・リビングスタイリストなど、様々な資格・検定を在学中に合格することができました。現在働く中で感じているのは、海外と比較して、日本にはまだまだ「インテリアにこだわる文化」が形成されていないということ。仕事を通して多くの人にインテリアの魅力を知っていただき、その文化を日本に定着させることが新たな夢でもあります。また、自分自身成長を重ねて、後進の育成に携わりたいとも思っています。

佐々木 美穂さん

ハウスデザイン株式会社勤務/建築デザイン学科インテリア科/2018年3月卒/東京の大学に進学したが「資格を武器に、好きなことを追求した仕事をしたい」と模索する中で「インテリアが好き」という自分に気づく。地元山形に戻り、東北文化学園専門学校へ進学し、好きなことを学びはじめる。1年目でインテリアコーディネーターの資格も取得。様々な資格や検定に合格して卒業し、2018年4月より現職。自社モデルハウスや注文住宅のインテリアコーディネートを担当し、充実の日々を送っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東北文化学園専門学校(専修学校/宮城)