• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東北文化学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 本田 真弓さん(介護福祉科/介護福祉士)

先輩の仕事紹介

「ありがとう」の笑顔が、頑張りの源。利用者様の「出来る」を増やせる支援をしたい

介護福祉士
総合福祉学科介護福祉科/2011年3月卒
本田 真弓さん

この仕事の魅力・やりがい

利用者様が在宅で自立した生活ができるようになることを目標に、食事や排泄、入浴など、生活に関わる全ての支援をしています。看護師や作業療法士など多くの職種の方々と関わり協力をしながら、責任を持って仕事に取り組み、利用者様が自分で出来ることが少しでも増えていくように介護の専門的知識を活かしながら関わりを持ち、自立へ向けたお手伝いをしています。一緒にリハビリに取り組む中で、「出来ること」が少しでも増えると自分の事のように嬉しいです。夜勤等、肉体的に大変なこともありますが、利用者様の笑顔や「ありがとう」「ごくろうさま」といった温かい言葉に癒されるため、頑張る事が出来ています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

昔からおじいちゃん、おばあちゃんと関わる事が好きだったことも理由の一つです。さらに小学生の頃に高齢者の家に訪問したり、施設で踊りなどを披露したりする活動に参加したことがあり、「ありがとう」と感謝のおことばを頂けたことが嬉しくて、高齢者と関わる仕事に興味を持ちました。進路を考える際には、東北文化学園専門学校のパンフレットを拝見し、授業風景や学園祭などの学校行事の様子から楽しそうな学校だと感じました。実際にオープンキャンパスも参加し、介護福祉科の模擬授業を体験させていただき、さらに興味が湧きました。「この学校で学んでみたい」と心から思い、進学を決めました。

学校で学んだこと・学生時代

授業では介助をする側・される側の両方を経験。介助を受ける側の気持ちを知る事ができ、現在も相手の気持ちを考えるよう心がけています。入学当初は知らない土地で初の一人暮らしという不安もありましたが、同じ目標に向かって学ぶ素敵な仲間と出会えて頑張る事が出来ました。私は消極的な性格でしたが、先生方は皆優しく、勉強だけでなくプライベートについても親身に相談に乗って下さり、安心して学校に通う事が出来ました。また介護福祉科の先生の「なりたい自分になってください」という言葉に勇気付けられ、2年間で他者を思いやり、自分に自信を持って行動できるようになったと思います。気分が落ち込んだ時はこの言葉を思い出しています。

本田 真弓さん

介護老人保健施設 せんだんの丘/総合福祉学科介護福祉科/2011年3月卒/元々、祖父母と関わることが好きで、高齢者と関わる仕事をめざし、東北文化学園に進学。2年間、同じ目標を持つ仲間と共に、充実の日々を過ごす。現在の目標は、利用者様やその家族、また一緒に働くスタッフからも頼ってもらえる介護士になること。たとえ重い病気や障がいを負っても、諦めずに希望を感じてもらえるような支援をしていくことをモットーに、日々仕事に励んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東北文化学園専門学校(専修学校/宮城)