• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東北文化学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 阿部 まりなさん(社会福祉科/生活指導員)

先輩の仕事紹介

様々な実習が働くための自信に!幅広い分野で活躍できることが「福祉職」の魅力

生活指導員
社会福祉科/2017年卒
阿部 まりなさん

この仕事の魅力・やりがい

障害者支援施設で生活指導員として働き、食事、排泄などの生活介助や利用者の作業支援に従事しています。仕事をする上で大事にしていることは、利用者様とよくコミュニケーションをとることです。特に発語ができない利用者様とは、視線や表情からご本人の意思を汲み取ることができるようにしています。このような知識や技術は、在学中に行った施設実習での経験が現場で活かされていると感じています。今の目標は2年間の実務経験を積んだ後に、社会福祉士の資格を取得すること。多職種との連携に根ざした、社会福祉の専門家を目指しています。

学校で学んだこと・学生時代

社会福祉科では、2年課程で基礎知識を学びながら、様々な実習を経験しました。1年次にはボランティア実習、2年次には、施設・行政それぞれで相談援助実習を行い、その経験が現場でも大変生きていますし、働くための自信にもなりました。また1年次には、福祉住環境コーディネーター3級を、2年次にはレクリエーションインストラクターと、在学中に様々な資格を取得することができました。卒業時には社会福祉主事任用資格を取得し、さらに実務経験を2年積んでから受験ができる社会福祉士受験資格も取得することができ、福祉の世界で活躍するための可能性を広げることができました。

分野選びの視点・アドバイス

現在働いているうえで、一口に「福祉」といっても、その領域や関わり方は様々なのだと改めて実感しています。高齢者や児童、障害者など、福祉サービスを必要とされる方は様々な方がいらっしゃって、それぞれの方にどのように自分自身が関わっていくか、何ができるかをよく考え、そのために必要なスキルを身につけていくことが大事なのだと思っています。幅広い分野、様々な場所で、ずっと活躍していけることが「福祉職」の魅力だと思います。

阿部 まりなさん

社会福祉法人あしたば福祉会 あすなろ勤務/社会福祉科/2017年卒/宮城県塩釜高等学校卒業後、福祉の分野で働くために、社会福祉学科へ進学。在学中は、豊富な実習で実践力をつけると共に、取得した資格の数々も働くうえでの自信になっている。支援者様とのコミュニケーションを特に重視しながら生活指導員として働いている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東北文化学園専門学校(専修学校/宮城)