• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東北文化学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 櫻井 霞さん(医療秘書科/医療事務・秘書)

先輩の仕事紹介

夢だった母と同じ「医療事務」に。患者様からの「ありがとう」が一番のやりがいに

医療事務・秘書
医療ビジネス学科医療秘書科/2017年卒
櫻井 霞さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

医療事務として脳神経外科に勤務し、患者様を接遇する受付業務、会計入力、レセプト作成を行っています。以前はドクターの隣で電子カルテを入力する「メディカルアシスタント」の仕事に就いていましたが、より患者様に近い立場で働ける病院に転職しました。現在の職場では患者様と接する機会、お話する機会も増えました。やはり、患者様からの「ありがとう」のお言葉は何よりのやりがいになっています。今後は、患者様だけではなく、スタッフのみんなに頼られるようになりたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

医療事務を目指したのは、母が医療事務として働いていたこと。母と同じ職業に就きたくて、医療事務をずっと目指してきました。高校時代は短大を目指していましたが、高校の先生の紹介で、東北文化学園を知りました。医師会の認定校・派遣会社を通しての入職がいないなどの説明を受け進学を決めました。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は医師会の資格を取るため、1年間本当に集中して勉強を頑張ったと思います。在学中も先生方は親身に相談に乗ってくれましたが、東北文化学園専門学校の魅力は卒業後も、先生達が悩み事など相談を聞いてくれることです。卒業後は一人暮らしをして内科クリニックに勤務していましたが、数年働いてから自宅から通える職場、患者様ともっと近い立場で働きたいと当時の担任の先生に相談し、現在の職場を紹介していただきました。卒業してからも、仕事の悩み・転職の相談も出来ることが本当にこの学校を選んで良かったと改めて感じるところです。

櫻井 霞さん

宮町脳神経・眼科クリニック勤務/医療ビジネス学科医療秘書科/2017年卒/昔から母と同じ職業に就きたいと医療事務を目指してきた。宮城県松山高等学校時代に東北文化学園専門学校の魅力を知り、進学を決意。卒業後、内科クリニックで医師の隣で電子カルテを入力する「メディカルアシスタント」として数年勤務した後、現職に。受付業務を中心に、会計やレセプト入力などを担い、希望としていた患者様と接する機会も増え、充実の日々を送っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東北文化学園専門学校(専修学校/宮城)
RECRUIT