• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 専門学校 読売自動車大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 獎平さん(自動車整備学科/自動車整備士)

どうしたら効率的かを考えながら作業しています

先輩の仕事紹介

技術の向上を日々意識しながら、自動車整備を行っています!

自動車整備士
1級整備学科/2016年卒
佐藤 獎平さん

この仕事の魅力・やりがい

サービススタッフとしてお客様のお車の車検整備、定期点検整備、その他修理など自動車整備をしています。「技術の向上・修練」を日々意識しながら取り組んでいます。最近はハイブリッド車や電気自動車が増えてきているので、電気やモーターなどの知識も必要。知識が増えれば技術も向上し、作業速度も上がり結果的に効率的な作業につながります。作業が終わりお客様に車を納めるときに「ありがとう」と言われたときは嬉しいです。作業が故障診断などの難しい作業の時ほど嬉しさも大きくなります。お客様から“あの人に任せたい!”と言われるような整備士になりたい。そのためには、これからもっと知識や技術を身につけたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から自動車関係の仕事をしたい、人の役にたちたいと思っていました。高校時代、進路を検討している際に家族から「大学の方が将来の選択肢が広がる」と勧められ、大学工学部への進学も考えました。でも自分の手で自動車を整備してみたい気持ちが強くなり、専門学校への進学を選びました。学校選びの決め手は、オープンキャンパスに行き、学校の雰囲気を感じたこと。実際に先生や先輩と話をして、ここでなら楽しく学ぶことができると思うことができたからです。

スズキ車専用の診断機を用いて診断・整備します

学校で学んだこと・学生時代

先生と生徒の距離感がとても近く、プロの自動車整備士としてのアドバイスはもちろん、授業以外のことでもなんでも気軽に相談できる環境でした。1級整備学科は、現場に直結した実践的なカリキュラムで学べます。授業の約8割が実習でした。実習で軽自動車の整備をして、軽自動車の魅力、奥深さをみつけたこともありました。学科と実習で学んだ技術と知識を応用して、実際の故障修理にあたっています。また、オープンキャンパススタッフとして高校生とコミュニケーションしたことが、今の接客にも活かされています。

女性ユーザーにもわかりやすいようにモニターでご案内

佐藤 獎平さん

株式会社 スズキ自販東京 勤務/1級整備学科/2016年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 読売自動車大学校(専修学校/東京)