• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪健康ほいく専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 湯峯 優さん(保育科/保育士)

先輩の仕事紹介

深い関わりの中で出会える感動の数々が、児童養護施設で働く一番の喜び!

保育士
保育科 卒/2018年卒
湯峯 優さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私が働く児童養護施設とは、さまざまな事情で家庭生活が困難になったこどもを、家庭的に養護する重要な場所です。ここでは2歳から18歳までが生活しており、私は男子棟で幼稚園児を担当し、1日の生活を見守っています。その役割を果たすには、こどもとの信頼関係が何よりも大事。時に心が通じ合わない時も粘り強く声をかけ、一人ひとりを理解しながら少しずつ関係を深めていきます。関わりが深い分、小さな成長の瞬間もしっかりとらえられるのが仕事の喜び。泣いている友達に対して、「大丈夫?」と声をかける優しさもとても感動的に映り、「嬉しいね。良かったね」の言葉をともに分かちあう毎日です。

分野選びの視点・アドバイス

児童養護施設に興味を持ったきっかけは、社会福祉についても学べた大阪健康ほいく専門学校での授業。施設実習にも参加し、さらに理解も深めました。実習前に抱いていた不安が一瞬でなくなるくらい、そこで出会ったのは普通の保育園や幼稚園と変わらない無邪気なこどもたち。その毎日を支えたいと現在の職場でのボランティアに応募したことからここで働くことに。児童養護施設でも、こどもたちにとってはここが大切な“家”。その居場所を見守る日々はやりがい深く、栄養士や心理士の方など各分野の専門家との連携も視野を広げてくれます。保育士や幼稚園教諭をめざす学生の皆さんにも、将来のひとつの選択肢として知ってもらえたら嬉しいです。

何気ないふれ合いの中でも、信頼関係が築かれます

学校で学んだこと・学生時代

在学中の学びが活かされる場面は多々ありますが、授業を通してこどもの「試し行動」について理解できた経験はとても大きかったです。働き始めた頃はスリッパを隠されたり、きつい言葉を投げかけられた経験もありましたが、こどもにとって気を引くための行動ということを知っていたことで冷静に対応できました。それ以降も信頼関係を第一に考えることができ、今では「優ちゃんだから話せるんだけど」と慕ってくれる子も…。心を開いてくれるたびに胸がいっぱいになります。就職から3年目を迎えた今も毎日が勉強の連続ですが、大阪健康ほいく専門学校や施設の先輩方から学んだ知識を発揮して、今後もこの仕事を全力で楽しんでいきます!

当たり前の日常を過ごしてもらうことが大きな喜びに

湯峯 優さん

社会福祉法人 和歌山県社会施設事業会 児童養護施設 こばと学園 勤務/保育科 卒/2018年卒/湯峯さんがこどもと関わる仕事に興味を持ったのは、中学時代に参加した保育園での職場体験がきっかけ。「最初の憧れは幼稚園教諭で、その夢を追って大阪健康ほいく専門学校に入学。併設のこども園で実習が経験できる、実践的な環境が学校選びの決め手でした」。同校で取得した保育士と幼稚園教諭の両資格を活かし、現在の職場で働き出して3年目、学園の取り組みを紹介する“こばと学園だより”の制作も担当。「こどもとの会話を広げる方法は、相手の好きなものを知って共通の話題を持つこと。そのために常にアンテナを広げています(笑)」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪健康ほいく専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT