• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 日本コンピュータ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松本 亮太さん(デジタルクリエイター科/ゲームプログラマー)

自分が楽しむことがおもしろいゲーム作りには大切!

先輩の仕事紹介

僕たちの思いを込めたゲームで、たくさんの人たちに楽しんでもらいたい!

ゲームプログラマー
デジタルクリエイター科VRゲームコース
松本 亮太さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ソフトウェア開発やゲーム開発・配信・運営をしている株式会社イグニッション・エムで、ゲームプログラマーをしています。プランナーの指示のもと、チームでゲームを作り上げていきます。この会社の魅力は上司や先輩、みんなとても仲が良いこと。よりおもしろいゲームにするため、何度もミーティングをするのですが、新人の私も意見がしやすい環境なので、モチベーションが上がります。開発する上で大切にしていることは、キャラクターの見た目や動きの細部まで丁寧に作ることです。また、誰が見てもわかりやすいソースコードにすることを意識しています。夢だったゲームプログラマーとして働く毎日は、とても充実しています!

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生のときにロボットをプログラムで動かすという授業があったのですが、それがとてもおもしろくて、プログラマーという職業に興味を持つようになりました。将来、なりたい職業について考える中で、小さい頃から大好きだったゲームを開発するゲームプログラマーになりたいという思いが強くなり、めざすことを決意しました。プログラミングについて専門的に学ぶため進学先を探していたところ、オープンキャンパスでゲーム業界で活躍された先生が授業のことなどを詳しく丁寧に教えてくれた日本コンピュータ専門学校に進学。ここで勉強すれば自分が成長できると感じました。

わかりやすくて丁寧なプログラミングを意識しています

学校で学んだこと・学生時代

日本コンピュータ専門学校では、さまざまなゲームプログラミングの手法について学びました。授業でゲームを制作するのですが、プログラミングを効率化するソフトウェアを使わずに一から作っていくので、プログラミング能力の向上につながったと思います。また、ゲーム業界で活躍された先生の経験を交えたアドバイスのおかげで、より実践的で高度なプログラミング技術が身についたと思います。現在制作中のプログラムに活かせる場面もあり、とても役立っています。さらに、就職してからすぐにプログラミングを任せていただけているのは、知識や技術に加えて、チームでの制作や、コミュニケーションの重要性を学ぶことができたからだと思います。

上司や先輩は優しくておもしろい方ばかりで楽しいです

松本 亮太さん

株式会社イグニッション・エム勤務/デジタルクリエイター科VRゲームコース/「高校生の頃からの夢だったゲームプログラマーになれて毎日がとても楽しい!」と松本さん。株式会社イグニッション・エムでは即戦力として活躍されている。「日本コンピュータ専門学校で身につけたゲームプログラミングの知識、技術だけでなく、チームでの働き方やコミュニケーションスキルがとても役立っています」と話してくれました。「学生時代は多くのゲームに触れてマネをして作ってみてください。自分の知識や技術の幅が広がっていくと思います」とアドバイスをくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

日本コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT