• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校日本デザイナー学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 勝島 つばささん(インテリアデザイン科/空間デザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウニホンデザイナーガクイン

関わったショップの売上が伸びたと聞くと嬉しいです!

先輩の仕事紹介

一人前の“空間デザイナー”になるために、目の前の仕事を、1つ1つを頑張りたい

空間デザイナー
インテリアデザイン科/2015年3月卒
勝島 つばささん

この仕事の魅力・やりがい

アパレルショップの、空間デザインから設計管理までを行う会社でアシスタントデザイナーとして働いています。商業施設に出店される案件が多く、上司の提案を図面にしたり、オーナー様や施工会社とやり取りするのが私の主な仕事。日々勉強するなかで、少しずつ任せていただけることが増え、やりがいを感じています。去年の冬、ひとつのブランドで新規出店や改装物件が度重なり、初めて経験する忙しさに正直辛いと思うこともありました。でも、それを乗り越えた後、仕事に対する視野が広がっていました。もっと勉強して、早く一人前になりたいという意欲が湧いてきます。

学校で学んだこと・学生時代

日本デザイナー学院では基礎を徹底的に学ぶことができました。CADはもちろん製図の授業もあり、手を動かし設計図を描くことで、建物の構造を深く理解できました。また「フィールドワーク」の授業では、座学だけでなく渋谷の街に出て考察。人が他人と無意識に取る距離がよりわかり、空間を考えるうえでのベースが身につきました。どの授業も課題が多く、提出する度に浴びる先生の厳しい指摘に、当時は辛いと感じましたが、今思えばプロの厳しさを教えてくださっていたのだと感謝しています。2年次に海外研修でイタリアに行ったことも印象的。美しい町並みに刺激を受ける一方で、海外ならではのハプニングさえも、友人との良い思い出になりました。

模型制作はイメージを具体的に把握するうえで重要です

これからかなえたい夢・目標

仕事を教えてくれた先輩で「凄いなぁ」と思う方がいました。お話しが上手なうえに会話に無駄がなく、きっちりと仕事を進めるので周囲からの信頼も厚い。人としても魅力的で、誰もが引き込まれてしまう方でした。空間デザインの仕事は関わる人が多いため、コミュニケーションはとても重要です。周りの人を上手に巻き込んでいく先輩の仕事の進め方は、私にとって理想的。私はまだ半人前ですが、仕事を通じて周りの人から信頼を得て、力を合わせて物をつくりあげていく楽しさを、少しずつ感じています。現在、先輩は関連会社で働いていますが、今でも憧れの存在です。先輩に近づけるよう、目の前の仕事1つ1つを頑張りたいと思います。

事務所内の山のような資料は、アイディアの源です

勝島 つばささん

(株)フォーメーション/インテリアデザイン科/2015年3月卒/音楽好きでよくライブに足を運んでいたことから、舞台芸術に興味を持つ。一方、インテリア好きの父親の影響で家具などの建築系も気になり、インテリアデザイン科のある日本デザイナー学院へ。就職に強く、幅広く学べて先生との距離も近い、渋谷という刺激的な立地に惹かれたという。現在勤める会社は、学校の紹介でインターンのような形で働き始めそのまま就職。会社では一緒に仕事をする施工会社の方たちと、よく食事会を行っているそう。「今日はお化粧バッチリだね」と社外の方からもイジられるほどの人気者で、目標としている「周りを巻き込む」を地で実践できているようなお人柄だ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
専門学校日本デザイナー学院(専修学校/東京)