• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本デザイン福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • グラフィックデザイン学科
  • エンターテインメントデザイン専攻

東京都認可/専修学校/東京

ニッポンデザインフクシセンモンガッコウ

エンターテインメントデザイン専攻

人々を非日常の世界へいざなう、映像・音楽・ファッションといった『エンターテインメントカルチャー』を創造

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • エディトリアルデザイナー

    出版物の紙面をレイアウトする

    写真、イラスト、図表、文章など印刷物に使う素材を限られたスペースに効果的に配置する。単にスペースに必要な要素を収めるだけではなく、編集者の意図や雑誌のテーマをしっかりと把握し、誌面全体にその流れを盛り込んだデザインを施さなければならない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • CMプランナー

    企業や商品の宣伝プランをたてる

    クライアントの意向を受けて、テレビCMなどのプランニングを行い、テーマや方向性を決めていく。イメージキャラクターやタレント、スタッフなど誰をどのように使うかによっても、そのCMの出来が違ってくる。情報に裏付けされた感性が欠かせない。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • DTPオペレーター

    DTPに必要な印刷用のデータを作る

    編集者やデザイナーの指示に基づき、ページごとのレイアウト、体裁の調整などをパソコンの画面上で行い、DTPによる出版物の印刷用データを作る。DTP用ソフトの操作や画像処理などの知識・技術が必要。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 114万6000円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

エンターテインメントの基礎と応用を学び、感動的な空間を創りあげる技法を習得
エンターテインメントデザイン専攻では、映像・音楽・ファッションといったエンターテインメントカルチャーをテーマに、人々を楽しませ感動させるスキルを磨きます。視覚や聴覚を刺激するための手法として、動画・写真・音楽・文字などのエレメントにより構成し、エンターテインメントの知識と表現方法、技術を身につけます
視覚メディアを中心とした授業展開
形態、構図、配色、素材、表現などの要素をテーマに表現を学ぶ演習や、動画制作、ミュージックPV、舞台芸術、フォトグラフィーの制作などの多岐にわたる実習を実施。学んだ知識を実践で活用し理解を深め、技術を磨きます。また、SNSといったメディアによる発信手法など、拡散させるマーケットも学習します

先生

エンターテインメントの第一線で活躍するプロフェッショナルが、業界のノウハウを伝授
デザイナー、クリエイターとなるための基盤づくりを中心に学習を重ねていきます。将来は多様なコミュニケーションメディアやデザインの可能性を探りながら、自ら発信し表現の場を開拓していくビジュアルクリエイターとして、広くエンターテインメント業界で活躍することを期待しています(学科主任 中保先生)。

卒業後

2万余名の卒業生ネットワークを生かした、親身な就職指導
1年次の後半から個別に就職指導を開始。企業説明会や先輩との集い、会社訪問なども行い、将来の仕事についての実感を深めていきます。長年にわたる本校の歴史と、デザイン業界で活躍する2万余名の卒業生ネットワークを生かした、独自の就職支援も行っています

雰囲気

デザインを学ぶには最適な環境!人気エリアが徒歩圏内
最寄駅である代々木駅は、原宿、青山、新宿、渋谷といった流行の発信地へ、電車で1、2駅と近く徒歩圏内。デザインに欠かせない「季節感」「トレンド」を歩いてリサーチできる好立地です。おしゃれな街を散策して、デザインの感性を磨くことができます

イベント

“デザイン”が体験できるイベント満載!オープンキャンパスで自分の夢の第一歩を踏み出そう
日本デザイン福祉専門学校のオープンキャンパスでは、基礎講座をはじめ、プロの講師による実演や授業の見学など、自分の将来の夢を見つけるヒントがいっぱいです!日程等はHPをご覧ください

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • DTPエキスパート認証試験 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • 色彩検定(R)

    Mac利用技術能力検定、Adobe Certified Associate ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    音楽業界 、 広告代理店 、 動画制作会社 、 イベントプロモーション関連会社 、 舞台芸術関連会社 、 広告制作会社 、 テレビ業界 、 ゲーム制作会社 、 印刷会社 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷5-7-3
TEL 0120-8160-98(フリーダイヤル)
info@ndc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
日本デザイン福祉専門学校 本館 : 東京都渋谷区千駄ケ谷5-7-3 「新宿」駅から徒歩 12分
「千駄ケ谷」駅から徒歩 5分
「代々木」駅から徒歩 5分
「国立競技場」駅から徒歩 10分
「北参道」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


日本デザイン福祉専門学校(専修学校/東京)