• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本デザイン福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 茂木 優海さん(保育こどもデザイン学科/保育士)

東京都認可/専修学校/東京

ニッポンデザインフクシセンモンガッコウ

子どもの日々の成長を感じるととても嬉しいです

先輩の仕事紹介

子どもたちに保育園で楽しい思い出を沢山作って欲しい!そのお手伝いをしています

保育士
保育こどもデザイン学科/2018年3月卒
茂木 優海さん

この仕事の魅力・やりがい

0歳児クラスを先輩の先生と共に担当してもうすぐ1年が経ちます。私はまだ1年目なので、最初は不安で先輩の先生に色々教えて頂いていました。それでも日々めまぐるしく成長する子どもたちを見ていると微笑ましく、毎日が楽しかったです。立っちしたと思ったらいつの間にか歩けるようになっていたり、気づけば私の名前を呼ぶまでになりました。私も、泣き声で何を求めているのか分かったり、一人ひとりの性格を把握して声をかけられるようになりました。この1年間で、お互いが成長したと感じます。最近はみんなで一緒に遊ぶことが多く、コミュニケーションが上手に取れるようになり、ますます子どもたちが愛おしく感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもが元々好きで、子どもたちに良い思い出を作ってあげられるような保育士になれたらいいな、と漠然と考えていました。高校の時、保育士不足のニュースを聞き、保育士の国家資格を取得すれば就職に困らなそうだと考え、志すことにしました。一方で、絵を描いたりものを作ることが好きだったため、デザインを学ぶことも諦めきれませんでした。迷っているときに出会ったのが、日本デザイン福祉専門学校(ニチデ)です。保育こどもデザイン学科なら、保育学とデザインの両方を学ぶことができると知り、この学科を卒業すれば、デザインの知識と技術を活かして子どもたちを楽しませる保育士になれると思いました。

子どもの目線に立ち会話をするよう心掛けています

学校で学んだこと・学生時代

在学中は、保育士として必要な保育学や幼児教育、児童心理学の知識と技術をはじめ、ピアノやギターによる音楽遊び、手遊び、英語の歌、そして保育現場で使用するための玩具制作や絵本づくりを学びました。少人数制だったので先生との距離が近く、何でも質問できた学習環境は恵まれていたと思います。勉強で分からないことや実習に不安を感じたときは、先生に相談をし助けていただきました。保育園は園児にとって第二の我が家かもしれませんが、保育士は命を預かる立場でもあります。園児に過ごしやすい場を提供しながらも、緊張感を持って接する。ベテラン先生方からは、教科書に書かれていること以外の大切なことも、沢山教えて頂きました。

子どもたちに人気の絵本はニチデ時代に作った作品です

これからかなえたい夢・目標

デザインを学んだ経験は色々な場面で活かせています。例えば、新人の私でも率先して取り組めるのが、季節の行事の壁面装飾。色紙に下書きをし、先生方と手分けし創作すると、子どもたちや保護者の方々も喜んでくださいます。まだ0歳児なので図画工作を教えてあげることはできませんが、いつか子どもたちにものづくりの楽しさや、誰かを楽しませる喜びを知ってもらえたらと思います。また、子どもたちはもちろん、保護者の方々からも信頼される保育士になることが当面の目標です。日々の成長や変化について丁寧に情報共有を行うと、皆さん安心してくださいます。卒園するとき、この保育園に通って良かったと親子で思ってもらえたら嬉しいです。

些細な事でも連絡ノートにこまめに記載しています

茂木 優海さん

ぶんじっこ保育園(株式会社 こどもの森)/保育こどもデザイン学科/2018年3月卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本デザイン福祉専門学校(専修学校/東京)