• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本デザイン福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 笹野 桜子さん(コミックイラスト学科/アニメーター)

東京都認可/専修学校/東京

ニッポンデザインフクシセンモンガッコウ

有名なアニメ制作会社が多く点在する三鷹が仕事場です

先輩の仕事紹介

憧れのプロダクション・アイジーで働く刺激的な日々。今後は仕事の領域を広げたいです

アニメーター
漫画・アニメーション学科(現:コミックイラスト学科) 卒/2016年卒
笹野 桜子さん

この仕事の魅力・やりがい

アニメーターをしています。原画をスキャンしデータ化、それをトレースしたものを基に、キャラクターに様々な動きを加えていくのが私の仕事です。動きには様々な軌道がありますが、その軌道に沿っていきいきと自然に動かすことが、アニメーターの腕の見せ所かもしれません。動きによってキャラクターを魅力的に見せることで、視聴者はどんどんアニメに引き込まれていきます。そのため制作中は自分の体で実際にその動きを何度もやって鏡で確認し、キャラクターに投影しながら命を吹き込んでいきます。苦労を重ね動画となったキャラクターが世に出て、クレジットに自分の名前が連なると、嬉しいと同時に達成感を覚えます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

昔から大好きなアニメの作品があり、それを作っていたのがプロダクション・アイジーでした。世界的に有名な作品も多く手掛けており、私にとっては憧れの存在です。日本デザイン専門学校(現:日本デザイン福祉専門学校)にプロダクション・アイジー出身の先生がいらっしゃったことから、就職することを現実的に考えるようになりました。就職活動時には先生からアドバイスを沢山いただき、面接時には課題で制作した沢山のイラストや作品を持参しアピールしました。内定が出たときは本当に嬉しかったです!入社3年目の今でさえ、「あぁ、この作品~!」と原画を見て感動してしまうことがあり、この会社で働いていることに喜びを感じています。

会社の1階にあるカフェで休憩。有名な漫画家も通う名店です

学校で学んだこと・学生時代

日本デザイン専門学校に入学したのは、2年間で漫画もアニメも両方学べる点や、オープンキャンパスで先生が親切に教えてくださるなど、アットホームな学校の雰囲気が気に入ったからでした。恵まれた学習環境のおかげで、初心者の私でも技術を磨くことができましたし、高い目標を持ち懸命に課題に取り組む友人たちからは沢山の刺激を受けました。授業で一番印象に残っているのは「デッサン」です。描き終えると一斉に前に張り出し、どうすればもっと良くなるか、どこが良いのか、と皆で批評し合いました。構図の取り方や物を捉える目が鍛えられ、客観的な視点を持てるようになったと思います。この経験は今の仕事にも大いに役立っています。

人物だけでなく、動物の動きについても研究しています

これからかなえたい夢・目標

入社してからずっと、早く仕事を覚えようとがむしゃらに頑張ってきました。先日、これまでより難易度の高い仕事のオファーをいただき、信頼していただけたと感じとても嬉しかったです。最近は、先輩方の仕事の進め方を参考にするなど、視野を広げることを心がけるようになりました。また、“原画試験”という社内試験があるのですが、その試験を突破することも目標の1つです。合格すると原画を描けるようになるため、いまより仕事の領域を広げることができます。受験資格はある一定数以上のアニメーション制作に携わること。今はその受験資格取得をめざし、目の前の仕事に専念し、さらに技術を磨いていきたいと思っています。

笹野 桜子さん

株式会社プロダクション・アイジー(Production I.G., Inc.)勤務/漫画・アニメーション学科(現:コミックイラスト学科) 卒/2016年卒/入社3年目。これまで携わった作品は8作品。今はアニメーターとしての仕事を一通りこなせるようになり、更なるステップアップのためインプットも積極的に行いたいという。「最近は空いた時間に映画を観たり、大好きな漫画を読んだりする余裕も、少しだけ出てきました」。プライベートな時間でも、考えるのはやはり仕事のことが多い。「この仕事が大好きなんですよね」と笑顔で語った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本デザイン福祉専門学校(専修学校/東京)